1. Home
  2. STYLE
  3. 無染色テクノロジー採用、自然をリスペクトした最新フィットネスウェア

無染色テクノロジー採用、自然をリスペクトした最新フィットネスウェア

力武亜矢

無染色テクノロジー採用、自然をリスペクトした最新フィットネスウェア

人は健康のために運動をし、フィットネスウェアを着る。でも、そのウェアが自然の健康を損ねるような人工加工をされている現実が前から気になっていました。

フィットネスウェアは、撥水性や通気性、フィット感などの機能が重要視されるため、自然素材にこだわるのは現実味がないかもしれません。少しでも自然に配慮されたものがあったらいいのに......と思っていました。

環境に配慮したウェアが登場

20170502_adidas3.jpg

移動や体温調節のときに着るパーカーやパンツなら、自然に寄り添ったウェアをつくることができる。そこに着目したスポーツブランド「アディダス」が水を節約し、無染色テクノロジーを採用したニューモデル「Z.N.E. ZERO-DYE (Z.N.E. ゼロ-ダイ)」を発売しました。

無染色テクノロジーとは生地の風合いを生かし、染色をせず、資源を節約する無染色プロセスをさします。水の節約へのこだわりは、アスリートが口にする「水」を大切にする、という環境への配慮なのだそうです。

運動の達成感を高めてくれるウェア

「Z.N.E.」の商品名には、「ZERO NEGATIVE ENERGY= アスリートが雑念を振り払い、無になる。集中を促し、試合に向け ZONE へと導く」 という思いが込められています。わたしは素人の運動好きに過ぎませんが、それでも運動中はできるだけ雑念を払い、その時間に集中したいと思います。集中できたときほど、達成感は大きくなります。

そういう意味でも、自然をリスペクトした素材のウェアを着ることは、気持ちよく体を動かすためにとても役立ち、達成感を高めてくれます

自分だけの世界にひたれるフード付き

20170502_adidas2.jpg

また、「Z.N.E. ZERO-DYE」のパーカーは、外部から遮断した状態を保つ大きめのフードになっていて、精神統一しやすい環境づくりにも配慮しています。たとえば、マラソン大会の前、最後の調整やイメージトレーニングをしたいときの味方になってくれます。

自然に寄り添い、かつ集中力を高めたいときのサポートをしてくれるウェア。いつでも着ていたくなるクールなデザインも、運動したい気持ちを後押ししてくれそうです。

adidas

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    6. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    9. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    10. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    7. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    8. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら