1. Home
  2. MIND
  3. 心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

1,479

心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

日常生活において自分がどういう人間だったか、何を目指しているのか「自分のことが分からない」なんてことが、頑張っている人ほどあるもの。すべてがあやふやで、どうすればいいか分からない......。

そんな人にこそ、知ってほしいのが「月星座」です。「月星座」を知ると、自分を客観的に理解できるため、自暴自棄に堕ちることもなく、自身を優しく受け入れることができるようになります。

「太陽星座」と「月星座」の違いは?

私たちが普段「星座」としているのは「太陽星座」ですが、これは生まれた時のホロスコープの太陽の位置がどの星座にあったかをあらわすもの。同時に月がどの星座にあったかをあらわすのが「月星座」です。

アストロジーライターSayaさんのワークショップに参加した際のお話によると......。

・「太陽星座」は私たちが今生で、会得を目指す性質だったり、生き方。 ・「月星座」は、すでに生まれもってきた性格やその人の内面が示されている。

また月は感情に大きな影響をあたえる星で、月星座を知ることで、自分の内面をより深く理解することができるとか。

例えば、「太陽星座」が山羊座、「月星座」が双子座の人がいるとします。

山羊座はコツコツと努力積みあげ、達成をめざす星ですが、双子座は移り気で物事への興味が転々とする性質をもちます。

今回の生では一つのことを積み上げて達成する"山羊座的性質"を得るために生まれているので、山羊座的な生き方を目指したり、その性質を良しとしますが、双子座の月星座の影響で、じつは内面は移り気で一つのことをコツコツとするのが苦手だったりして、そこで葛藤や学びが生まれるそうです。

月星座の調べ方とそれぞれの性質

月星座が分からない方はこちらで生年月日と誕生した時間を入力すると調べることができます。

このように「太陽星座」と「月星座」を一緒に学んでみると、「自分はなぜこうなんだろう?」と自身を責めるよりも、「自分はこういった月星座の性質を持って生まれてきていて、いまは◯◯を学ぶときなのかもしれない」とポジティブにそして、自分に対して優しい気持ちで受け入れられるようになったのではないかと思いました。

[sayasaya.net,ASTRO HEART]

photo by Thinkstock/Getty Images

(米田ロコ)

※この記事は2013年10月に掲載したものを再編集しています。

米田ロコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

    FBからも最新情報をお届けします。