1. Home
  2. MIND
  3. 心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

2,940

心が軽くなる。「月星座」で分かる自分の裏の顔

日常生活において自分がどういう人間だったか、何を目指しているのか「自分のことが分からない」なんてことが、頑張っている人ほどあるもの。すべてがあやふやで、どうすればいいか分からない......。

そんな人にこそ、知ってほしいのが「月星座」です。「月星座」を知ると、自分を客観的に理解できるため、自暴自棄に堕ちることもなく、自身を優しく受け入れることができるようになります。

「太陽星座」と「月星座」の違いは?

私たちが普段「星座」としているのは「太陽星座」ですが、これは生まれた時のホロスコープの太陽の位置がどの星座にあったかをあらわすもの。同時に月がどの星座にあったかをあらわすのが「月星座」です。

アストロジーライターSayaさんのワークショップに参加した際のお話によると......。

・「太陽星座」は私たちが今生で、会得を目指す性質だったり、生き方。 ・「月星座」は、すでに生まれもってきた性格やその人の内面が示されている。

また月は感情に大きな影響をあたえる星で、月星座を知ることで、自分の内面をより深く理解することができるとか。

例えば、「太陽星座」が山羊座、「月星座」が双子座の人がいるとします。

山羊座はコツコツと努力積みあげ、達成をめざす星ですが、双子座は移り気で物事への興味が転々とする性質をもちます。

今回の生では一つのことを積み上げて達成する"山羊座的性質"を得るために生まれているので、山羊座的な生き方を目指したり、その性質を良しとしますが、双子座の月星座の影響で、じつは内面は移り気で一つのことをコツコツとするのが苦手だったりして、そこで葛藤や学びが生まれるそうです。

月星座の調べ方とそれぞれの性質

月星座が分からない方はこちらで生年月日と誕生した時間を入力すると調べることができます。

このように「太陽星座」と「月星座」を一緒に学んでみると、「自分はなぜこうなんだろう?」と自身を責めるよりも、「自分はこういった月星座の性質を持って生まれてきていて、いまは◯◯を学ぶときなのかもしれない」とポジティブにそして、自分に対して優しい気持ちで受け入れられるようになったのではないかと思いました。

[sayasaya.net,ASTRO HEART]

photo by Thinkstock/Getty Images

(米田ロコ)

※この記事は2013年10月に掲載したものを再編集しています。

米田ロコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン