1. Home
  2. MIND
  3. いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

30代からのやさしい愛のはじめ方

3,222

斎藤芳乃

いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

どうしてか分からないけれど、なんだかいつも周囲から助けられて、とても楽に物事をこなしている......人に囲まれて、いつも輪の中心で大切にされている。そんな女性っていますよね。特に媚びているわけではないのに、でもなんだか助けられている。

それは、彼女達が「周囲に助けてもらえる秘訣」を発揮しているからです。今回は、スムーズに助けてもらえる人がしている3つのコツについて、お伝えさせていただきますね。

助けてもらいたいポイントが明確

まず、助けてもらえる人がしているコツのひとつが、「助けてもらいたいポイントが明確だ」ということです。たとえば、仕事で困っている時、「この仕事が終わらないから、○○に××して、こんなふうに動いてくれると助かります」と答えが明確に分かっていると、それを聴いた相手も分かりやすいですよね。でも、「もうパニックになって、助けてもらいたいけれど、どうしていいかわからない......」そんなふうにただ感情に振り回されていると、周囲もどう助けていいかわからず、困るしかない。話を聴いてなだめたり、カウンセラー代わりのことはできるけれど、それ以上のことは踏み込めない......状態になってしまうのです。ですので、助けてもらいたい時は、ただ感情的になるのではなく、「ここをこう手助けして欲しい」と出口を明確にしておくことが大切です。特に、不安になって感情をぶつけてしまうと、それだけで相手が引いてしまいますから要注意。あくまで冷静に、「これをやって欲しい」とお願いするように心がけてみてください。

助けるかどうかは相手しだい

同時に、お願いするときに重要なポイントは、「あくまで相手が助けるのは自由であって、絶対ではない」ということを示しておくということです。どうしても助けをお願いするとき、こちらの期待が大きすぎて、「絶対にやってほしい」という気持ちが出てきがちですね。しかし、こんなふうに「絶対ね」とされてしまうと、相手も忙しいのに断れなかったりして、「自分のことばかりでわがまま」と言われてしまう可能性もあります。そうならないためにも、あくまで「相手は断ってもいい、でももし可能であれば、手伝ってくれるとありがたい」というニュアンスを伝えると、わがままだとは想われなくなります。このように、相手に猶予を与えるかどうかで、同じことをするのでも印象ががらっと変わってしまうのです。

相手のことを信頼している

最後に大切なことが、「相手を信頼している」ということ。助けてもらえる人は、普段から周囲の人に対して強い信頼を持っています。「できると思っているからこそ頼んでいる」というように、信頼がベースにあると、相手にもそれが伝わりますから、「それなら!」と力になってくれやすいのです。しかし、普段そんなに関わりもないし、信頼もしていないのに、いざというときだけ手伝ってよ!となると、まるで下働きさせられているような気持ちになってしまうのが人間というもの。

頼むベースに、「単にやってくれるだけの人」なのか、「信頼できるからお任せしたい」のか、その気持ちがあるかどうかで捉え方も、「いいよ」と言ってもらう確率も断然変わってくるのです。こうして自分の気持ちに寄り添いながら、いつも助け合える関係性をつくっていってくださいね。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む「マインドフルネス」で他人にふりまわされない自分を手に入れる自己嫌悪にとらわれずに前向きになるための心のレッスン3「当然」を「特別」に変える。愛される人がやっているコミュニケーションの秘訣

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?