1. Home
  2. MIND
  3. いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

30代からのやさしい愛のはじめ方

3,119

斎藤芳乃

いつでも周りに助けてもらえる人がしている3つのコツ

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

どうしてか分からないけれど、なんだかいつも周囲から助けられて、とても楽に物事をこなしている......人に囲まれて、いつも輪の中心で大切にされている。そんな女性っていますよね。特に媚びているわけではないのに、でもなんだか助けられている。

それは、彼女達が「周囲に助けてもらえる秘訣」を発揮しているからです。今回は、スムーズに助けてもらえる人がしている3つのコツについて、お伝えさせていただきますね。

助けてもらいたいポイントが明確

まず、助けてもらえる人がしているコツのひとつが、「助けてもらいたいポイントが明確だ」ということです。たとえば、仕事で困っている時、「この仕事が終わらないから、○○に××して、こんなふうに動いてくれると助かります」と答えが明確に分かっていると、それを聴いた相手も分かりやすいですよね。でも、「もうパニックになって、助けてもらいたいけれど、どうしていいかわからない......」そんなふうにただ感情に振り回されていると、周囲もどう助けていいかわからず、困るしかない。話を聴いてなだめたり、カウンセラー代わりのことはできるけれど、それ以上のことは踏み込めない......状態になってしまうのです。ですので、助けてもらいたい時は、ただ感情的になるのではなく、「ここをこう手助けして欲しい」と出口を明確にしておくことが大切です。特に、不安になって感情をぶつけてしまうと、それだけで相手が引いてしまいますから要注意。あくまで冷静に、「これをやって欲しい」とお願いするように心がけてみてください。

助けるかどうかは相手しだい

同時に、お願いするときに重要なポイントは、「あくまで相手が助けるのは自由であって、絶対ではない」ということを示しておくということです。どうしても助けをお願いするとき、こちらの期待が大きすぎて、「絶対にやってほしい」という気持ちが出てきがちですね。しかし、こんなふうに「絶対ね」とされてしまうと、相手も忙しいのに断れなかったりして、「自分のことばかりでわがまま」と言われてしまう可能性もあります。そうならないためにも、あくまで「相手は断ってもいい、でももし可能であれば、手伝ってくれるとありがたい」というニュアンスを伝えると、わがままだとは想われなくなります。このように、相手に猶予を与えるかどうかで、同じことをするのでも印象ががらっと変わってしまうのです。

相手のことを信頼している

最後に大切なことが、「相手を信頼している」ということ。助けてもらえる人は、普段から周囲の人に対して強い信頼を持っています。「できると思っているからこそ頼んでいる」というように、信頼がベースにあると、相手にもそれが伝わりますから、「それなら!」と力になってくれやすいのです。しかし、普段そんなに関わりもないし、信頼もしていないのに、いざというときだけ手伝ってよ!となると、まるで下働きさせられているような気持ちになってしまうのが人間というもの。

頼むベースに、「単にやってくれるだけの人」なのか、「信頼できるからお任せしたい」のか、その気持ちがあるかどうかで捉え方も、「いいよ」と言ってもらう確率も断然変わってくるのです。こうして自分の気持ちに寄り添いながら、いつも助け合える関係性をつくっていってくださいね。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む「マインドフルネス」で他人にふりまわされない自分を手に入れる自己嫌悪にとらわれずに前向きになるための心のレッスン3「当然」を「特別」に変える。愛される人がやっているコミュニケーションの秘訣

image via shutterstock

    Ranking

    1. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    2. ブラウニーでも糖質オフ可! 低炭水化物&低糖質なおやつ10種

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    5. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    6. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    7. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    8. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました