MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

image via shutterstock

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。歓迎会シーズンまっただ中、今回は、ストレス解消につきものの、お酒の席と摂りたい栄養について

お酒の席では、ビタミンB群を節約&チャージ

お酒のお誘いが多いシーズン。みんなでお酒を飲んで日ごろのうっぷんを解消、なんてことも多いかもしれません。

お酒をたくさん飲むと、アルコールを身体の外に出すため、多くの栄養素が消費されていきます。なかでも気になるのがビタミンB群。アルコール代謝のほか、疲労回復をスムーズにしたり、心の安定を左右する神経伝達物質づくりにも関わっているため、足りなくなると身体はもちろん、心もグッタリ。元気まで目減りしてしまうことに......。でもご心配なく。お酒の席でメニューの選び方をちょっと変えるだけで、栄養素のムダ使いを節約したり、チャージすることもできるんです。

糖質オフを意識。おつまみでビタミンB群補給を

まずお酒については、糖質が少なめな焼酎や赤ワイン、ウイスキーなどをセレクト。日本酒やビール、甘いサワーなどは糖質が多く、ビタミンB群を必要とするため、栄養素のムダ使いにつながってしまうのです。ちなみに私がよく注文するのは、生レモンハイなど、フレッシュフルーツを使ったサワー。糖質が少なめなお酒は意外にいろいろあるので、探すのも楽しそう。

おつまみをオーダーするなら、肉や魚類、豆腐、枝豆といったものをチョイス。これらはビタミンB群が多く、神経伝達物質を体内で作る際にベースとなるタンパク質がとれるのにも注目したいところです。メインのおつまみをしっかり食べることで、シメのご飯やスイーツも、一口で満足できます。

みんなでワイワイ騒げば、心もスッキリ。一緒に栄養もチャージして、ストレスフルなこの時期を、タフに乗り切っていきましょう!

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 低糖質・高タンパクな簡単おかず。レモンペッパーチキンの作り方

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 今日で私、71歳になりました【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    6. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 腰痛、いびきなど悩み別カラダによい寝方

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 低糖質・高タンパクな簡単おかず。レモンペッパーチキンの作り方

    8. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    9. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    10. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。