1. Home
  2. EAT
  3. 糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

2,453

糖質オフが鍵。飲んだ翌日もタフに過ごせるお酒&おつまみ #ポジティブ栄養学

image via shutterstock

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。歓迎会シーズンまっただ中、今回は、ストレス解消につきものの、お酒の席と摂りたい栄養について

お酒の席では、ビタミンB群を節約&チャージ

お酒のお誘いが多いシーズン。みんなでお酒を飲んで日ごろのうっぷんを解消、なんてことも多いかもしれません。

お酒をたくさん飲むと、アルコールを身体の外に出すため、多くの栄養素が消費されていきます。なかでも気になるのがビタミンB群。アルコール代謝のほか、疲労回復をスムーズにしたり、心の安定を左右する神経伝達物質づくりにも関わっているため、足りなくなると身体はもちろん、心もグッタリ。元気まで目減りしてしまうことに......。でもご心配なく。お酒の席でメニューの選び方をちょっと変えるだけで、栄養素のムダ使いを節約したり、チャージすることもできるんです。

糖質オフを意識。おつまみでビタミンB群補給を

まずお酒については、糖質が少なめな焼酎や赤ワイン、ウイスキーなどをセレクト。日本酒やビール、甘いサワーなどは糖質が多く、ビタミンB群を必要とするため、栄養素のムダ使いにつながってしまうのです。ちなみに私がよく注文するのは、生レモンハイなど、フレッシュフルーツを使ったサワー。糖質が少なめなお酒は意外にいろいろあるので、探すのも楽しそう。

おつまみをオーダーするなら、肉や魚類、豆腐、枝豆といったものをチョイス。これらはビタミンB群が多く、神経伝達物質を体内で作る際にベースとなるタンパク質がとれるのにも注目したいところです。メインのおつまみをしっかり食べることで、シメのご飯やスイーツも、一口で満足できます。

みんなでワイワイ騒げば、心もスッキリ。一緒に栄養もチャージして、ストレスフルなこの時期を、タフに乗り切っていきましょう!

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 高タンパク食をテイクアウト! 無添加のプロテインを飲めるキオスク

    3. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    8. ご存知ですか? 肌老化の8割と言われるある老化現象を

    9. 「嫉妬深い」と嫌われるNG行為。人がヤキモチを焼くのはなぜ?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    2. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    6. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?