1. Home
  2. EAT
  3. 和食に合う「今古今」の和ハーブティーなら、体になじむ

和食に合う「今古今」の和ハーブティーなら、体になじむ

和食に合う「今古今」の和ハーブティーなら、体になじむ

リラックスタイムや眠る前に飲むことが多いハーブティーですが、食事と一緒に飲んだことがありませんでした。それは、自宅で作る和食にマッチするハーブティーに巡り合えていなかったから。「今古今」の和のハーブティーなら相性もよさそうです。

日本人の体と味覚に合うハーブティー

「3世代以上にわたって食したものは体に合う」というインドのアーユルベーダの考え方を大切に、日本人に合う「和のハーブ」「東洋のハーブ」にこだわって生まれたのが和のハーブティー「今古今」です。和食に合い、文化的な背景も考え、おいしさにこだわってブレンドしているそう。ハーブティーといえば西洋のものかと思っていましたが、デイリーのお茶としていただけそうですよ。現在3種類のブレンドがあり、それぞれ特徴があるので、好みの味で選ぶのもいいですが、体調と相談しながら選ぶのもおすすめです。

20170418_coconcon1.jpg

『温 nukunuku』 『始 wakuwaku』 『育 sukusuku』

2.5g入り×10個入り 1,250円/30個入り 2,500円 (すべて税抜)

・温 nukunuku

冷えや滞りの原因となるストレスや余分なものの排出を助け、黒豆のイソフラボンがホルモンバランスを整え、月経に関するマイナートラブルなど、本来の健やかな機能を取り戻すのを助けてくれるそう。

・始 wakuwaku

体を温め、高血圧予防にもなる柿の葉がブレンドされ、生活習慣病の予防にも。健胃や便秘のための漢方薬として使われているタンポポの根もブレンドされ、疲れた胃にもよさそうです。

・育 sukusuku

むくみ対策としてすでに知られているトウモロコシをブレンドし、利尿効果や高血圧予防、コレステロールの吸収を抑える杜仲の葉など、免疫機能も整えてくれ、季節の変わり目などにもおすすめ。

どれも漢方などで使われるハーブをブレンドしながら、苦みが少なく飲みやすいと思いました。カフェインレスなので、眠る前に体を温めるのにもよさそう。

女性のライフステージに寄り添うハーブティー

この「今古今」を立ち上げたのは、ハーバルセラピストの二人の女性なのですが、ご自身が妊娠・出産・産後の経験から、体調管理に役立つハーブティーの開発を行い、でき上がったのだそう。それぞれのステージでの体に良いとされる「おばあちゃんの知恵袋」的な伝承療法を国際的な安全基準でしっかりと禁忌を避け調合されています。なにより、和食に合うという味にもこだわっています。

緑茶やほうじ茶、麦茶くらいしか思い浮かびませんでしたが、和食には、和のハーブティーで、お茶の楽しみがまた広がりました。

今古今

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    2. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    3. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    4. 腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. ぬくもり香る柔軟剤「アロマリッチ フローラルキャンドルアロマの香り」で寒い冬を乗り切る【プレゼント】

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    和食に合う「今古今」の和ハーブティーなら、体になじむ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More