1. Home
  2. EAT
  3. アメリカの春を告げる。イースターのチョコレートエッグがアーティスティックに進化中

アメリカの春を告げる。イースターのチョコレートエッグがアーティスティックに進化中

ぬえよしこ

アメリカの春を告げる。イースターのチョコレートエッグがアーティスティックに進化中

日本では、桜の開花で本格的な春の訪れを感じますよね。アメリカで、春の到来を感じるのは、イースター(復活祭)なんです。

キリストの復活を祝うクリスチャンの行事ですが、そうではない人たちもイースターのお菓子や、「エッグハント」という、隠してあるエッグを見つけるゲームを楽しむようになっています。

アーティスティックなチョコレート

今年のイースターは4月16日。ちまたには、ウサギやヒヨコ、タマゴをかたどったカラフルなお菓子があふれています。わたしのこの時期の楽しみは、定番を超えたチョコレートを探すこと。オンラインでは工夫をこらしたものがたくさんあって、見ていて楽しくなります。

イギリスの「Bettys」のチョコエッグは、春らしいデコレーションが魅力。

こちらは、エッグ型のチョコレートの中にチョコレートとカスタードらしきクリームがたっぷり。スプーンでモチっとすくってみたくなります。

ピンクのボウタイと花で飾られたキュートなエッグは、イタリアの「Frisoni Alessandra Studio Cake」のもの。食べるのがもったいないぐらいです。

リング型チョコに驚き

インスタグラムの中で今年一番気に入ったのが、ヒューストンのショコラティエ、「Cacao and Cardamom Chocolatier」の「Arnaud」です。

エッグ型のリングのチョコレート。しかも、立ってる?

どうやって作るのかたずねてみたところ、リングの型にナッツやベリー類を入れてから、チョコレートを流し込むそうです。立てられるのは、下の部分が平らになっているから。

この発想、すごいです。

ナッツやベリーとの組み合わせも新鮮

「Arnaud」は形だけではなく、素材もユニーク。しかも、あえて中身を見せているところもいいな。

0414_choco_1.jpgダークチョコレートには、ピスタチオに、乾燥させたアプリコットやベリー類が入っています。

0414_choco_2.jpgミルクチョコレートは、砂糖をまぶしたフェンネル、乾燥イチジクとアーモンド入り。

0414_choco_3.jpgホワイトチョコレートには、花のように見えるフリーズドライのイチゴとラズベリーに、カカオニブ。この組み合わせ、食べてみたいな。

ほかにも、こんな白xピンクの春カラーのエッグもあり。ベリー類がぎっしり詰まっていて、かなりのインパクトです。

どうやってこんな色を出すのか不思議なほどのチョコエッグ。エイリアンのタマゴみたい。食べたいような、怖いような......。

芸術的なチョコエッグがたくさん登場していて、イースターのチョコレートは年々進化しているようです。

Photos Courtesy of Cacao and Cardamom Chocolatier

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら