1. Home
  2. SPORTS
  3. 水上で新たなリラックス体験。注目の「SUPヨガ」にチャレンジ

水上で新たなリラックス体験。注目の「SUPヨガ」にチャレンジ

水上で新たなリラックス体験。注目の「SUPヨガ」にチャレンジ

ブームから、ライフスタイルの一部にまで浸透してきたヨガ。ヨガを楽しむシチュエーションはスタジオ内でも空中やホットスタジオ、そしてビーチや公園などの野外へとバリエーションがどんどん広がっています。

春夏に注目の「SUPヨガ」

これから夏を迎えるシーズンに注目したいのが「SUP(サップ)ヨガ」。スタンドアップパドルボードという、サーフィンボードよりも分厚くて幅があるボードの上で、水の上に浮かべた状態で行うヨガです。不安定な水の上で行うことでより体幹を意識でき、インナーマッスルを効果的に鍛えることができると注目されています。

今回、ティップ.クロス TOKYO池袋でSUPヨガを体験してきました。

新感覚のヨガ体験

20170426_reebok1.jpg

SUPヨガでも「猫のポーズ」などヨガの基本の流れをボードの上で行います。でもヨガのレッスンが静かなのに対し、レッスン中はあちこちからボチャーン! と落ちる音が! やはり地上と水に浮かぶ不安定なボードの上でやるのは大違い。

20170426_reebok2.jpg

水上のボードの上にまっすぐ立つには、コアを意識し続けることになります。地上だとなんでもない腕を挙げる動作だけでも、ひとつひとつ丁寧にしようと心がけたのは、これまでのヨガとは違う発見でした。

機能が充実した専用ウェアも発売

20170426_reebok3.jpg

この春にリーボックからも「SUP YOGA コレクション」というSUPヨガ向けのウェアが発売に。海やプールでの使用で塩素や海水によるダメージを受けにくくする素材を使っているそう。リーボックのPR担当の下山絵里圭さんによると、塩素などに触れると水着が色落ちしてしまうので、やはり使うシチュエーションに合わせて専用のものを選ぶのがおすすめだとか。

また、衣類での紫外線防止指数UPF50+と吸汗速乾機能付きと、夏に気になる日焼けや汗の匂い残りにもばっちり対応。プリントもバンダナ柄やハワイのアーティストのHeather Brownとコラボレートしたイラストプリントなど、新しい体験のワクワク感を底上げしてくれるデザイン。私はタイツで水に入ること自体が初めての経験だったのですが、ボードに上るときに肌がすれたり、ボトムスがずりあがることへの心配もいらない点でも専用ウェアのほうが心地よく楽しめます。

今回は屋内プールでの体験でしたが30分程度なのに身体が内側からぽかぽか。水に触れているのに冷えていなかったのは、やはりしっかりと身体が燃焼していたのでしょうね。SUPヨガ、次は海でできるクラスを探してみようかなと思いました。

リーボック,ティップ.クロス TOKYO池袋]

北本祐子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    2. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    3. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    4. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    5. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    8. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    9. 高反発なのに、マシュマロのように柔らかい「極上枕」

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    2. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    5. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    6. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    7. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    8. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    9. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. すっぱいにおいは健康の証。おりものって何ですか?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    水上で新たなリラックス体験。注目の「SUPヨガ」にチャレンジ

    FBからも最新情報をお届けします。