1. Home
  2. EAT
  3. ストレスのたまりやすい時期は材料をチャージして防御 #ポジティブ栄養学

ストレスのたまりやすい時期は材料をチャージして防御 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

ストレスのたまりやすい時期は材料をチャージして防御 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は、ストレス耐性を高めてくれる栄養について

ストレスを受けたとき、もっとも消費されるビタミンC

4月はさまざまなことが動き出すシーズン。自分自身に直接変化がなくても、新入社員を迎えたり、上司が変わったりすると、勝手が違うせいか気を遣う場面も出てくるものです。そうして家に帰ってくると、なぜか疲れがドッと出てきたり。多くの人に経験があると思います。ストレスはどうやってもゼロにはできないものです。でも、自分自身のストレスに対する耐性を高めることはできます。たとえば栄養でも。

腎臓のうえにちょこんと乗っかっているおにぎりのような形の臓器、副腎。外からストレスを受けるとストレス対抗ホルモンを分泌し、あなたが押しつぶされないようにしてくれます。

このホルモンの材料のひとつがビタミンC。ストレスを受けたとき、もっとも消費される栄養素でもあります。そのため、春はとくに必要といえそうです。

それにもかかわらず、日増しに強くなる紫外線から肌を守ったり、気温の変化で風邪をひかないよう免疫力を高めたり、デトックス力を高めたりと、体内でたくさんの仕事を抱えているのもまた、ビタミンC。そうこうしているうち、副腎までまわってこないことも考えられます。

以下のチェックで、当てはまる項目が多い場合、ビタミンCが不足している可能性が考えられます。

あなたは足りてる? ビタミンC不足チェックリスト

□風邪などの感染症にかかりやすい□ストレスを感じている □野菜や果物を食べる量が少ない □タバコを吸う □アルコールを毎日飲む □疲れがたまっている □不規則な生活を送っている □激しい運動や肉体労働をしている □日中、紫外線を浴びることが多い □シミ、シワが増えてきた

だからこそ、ストレスから自分を守るためにも、この時期はビタミンCを強化しておくと安心。同じくホルモンの材料であるタンパク質やパントテン酸を一緒にとることも大切です。

野菜+卵で、副腎を強化

ビタミンCはフレッシュなフルーツや野菜にたっぷり含まれています。こまめに取る必要があるため、私は食事と同時にサプリメントの力を借りています。そして、パントテン酸やタンパク質が多いのは卵や肉類。

この時期は、ブロッコリーやスナップエンドウ、菜の花など春野菜をたっぷり使ったミモザサラダにしてもおいしそうです。コンビニにある材料で作ることができるので、疲れた日の夜食にもちょうどいいかもしれません。食でストレス耐性を高めつつ、ストレスと上手に付き合っていきたいと思っているところです。

参照:(『図解 成功する人は食べるものが違う! 』姫野友美著/KKベストセラーズ)

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!