1. Home
  2. STYLE
  3. 新発見ぞくぞく清澄白河をめぐる。「リカシツ」でアロマウォーターを蒸留? #専門店のある街へ

新発見ぞくぞく清澄白河をめぐる。「リカシツ」でアロマウォーターを蒸留? #専門店のある街へ

1,004

北舘和子

新発見ぞくぞく清澄白河をめぐる。「リカシツ」でアロマウォーターを蒸留? #専門店のある街へ

1つのジャンルに特化した魅力的なお店をピックアップしている「#専門店のある街へ」。第3回は、サードウェーブコーヒー旋風発祥の街・清澄白河です。

20170410_rikashitsu1.jpg

清澄白河へは、都営大江戸線と東京メトロ半蔵門線が乗り入れている「清澄白河駅」で下車。国技館や昨年11月にオープンした複合飲食施設「江戸NOREN」がある両国まで大江戸線で3分、東京スカイツリーも半蔵門線で7分と、近くにも行ってみたくなる場所があり、そうしたところと合わせて回れば、ちょっとした観光気分が味わえそうです。

実験器具をインテリア用品にした店の新しい試み

20170410_rikashitsu.jpg

さて、そんな清澄白河の中で、早くからメディアに取り上げられていたショップのひとつに「リカシツ」があります。もともと理化学研究のプロが使っているビーカーやフラスコ、試験管などをインテリア用品として一般向けに販売。シンプルなデザインと、使い方の幅広さが相まって、注目を集めるようになりました。

20170410_rikashitsu3.jpg

そして今、リカシツでは商品の販売だけでなく、ワークショップも開催しています。今回はそのひとつ、「リカシツ×IAPA(一般社団法人プラスアロマ協会) リカロマ蒸留会」を見てきました。春休み中に行われたこのワークショップには、親子で参加した方もいらっしゃいました。

セミナールームにいい香りが広がる「リカロマ蒸留会」

「リカロマ蒸留会」では、天然の植物からアロマウォーターを抽出。ご存じの方も多いと思いますが、アロマウォーターとは精油を取るときにできる副産物。ルームスプレーやリネンウォーター、化粧水などとして使われています。

20170410_rikashitsu4.jpg

これまで抽出には大掛かりな装置が必要でしたが、このワークショップではアロマウォーターだけに特化した、リカシツ独自の家庭用蒸留器リカロマ」を使用。縦25cm・横19cmのIHヒーターにのせて蒸留を行います。

最初に、この日の講師・IAPAの齋藤智子さんがワークショップの流れについて説明。さらに、アロマウォーターや抽出に使用するレモンユーカリについても解説し、いよいよ蒸留の準備です。水400mlと、ちぎったレモンユーカリの葉をセッティングし、IHヒーターで加熱。沸騰し始めたら冷却用の氷を入れ、アロマウォーターが抽出されるのを待ちます。

20170410_rikashitsu5.jpg

その間には、スプレーづくりに使う精油を香りとともに紹介。ティートゥリーやシダーウッド、オレンジスイートといったよく知られたものから、カカオやコーヒーなどの珍しいものまであり、最初は緊張気味だった子どもたちも、香りの作用もあるのか、すっかり打ち解けて楽しんでいるようでした。また、使い方などについて齋藤さんへの質問も飛び交い、終始和やかな雰囲気でした。

そして約40分後、ついにアロマウォーターの抽出が完了。それぞれ好みの精油を混ぜてスプレーを作り、何も入れていないアロマウォーターと一緒に持ち帰りました。

ワークショップの後はマップ片手に街歩き

リカシツでは、ショップやセミナーの充実をはかるだけでなく、清澄白河を紹介する「リカサンポ」という街歩きマップも作っています。このエリアの店やギャラリー、施設のうち、96軒を一言コメントと共に掲載。リカシツの他、マップに出ている店などでも入手できます。というわけで、ワークショップの後は、リカサンポを片手に清澄白河を歩いてみました。

20170410_rikashitsu6.jpg

以前、マイロハスでも紹介した「チーズのこえ」は、リカシツから徒歩2、3分のところにあります。北海道産チーズの店ですが、ソフトクリームも人気。さっぱりとしたミルク味で、あたたかくなっていくこれからは、店先で食べる人たちの数も増えそうです。

20170410_rikashitsu7.jpg

清澄白河駅から程近い「市松屋」は、都内で3番目のワイン醸造所「深川ワイナリー」の直営店。たくさんのワインに目移りしてしまいますが、そんな時には有料のテイスティングをどうぞ。窓ぎわのカウンターで、オリーブやピクルス、自家製パンなど、おつまみと一緒に楽しめます。

20170410_rikashitsu8.jpg

市松屋の隣には、オーガニック食材にこだわったL.S.カフェ」があります。ランチの日替わりメニュー「Today's オリジナルワンプレート」は見た目より食べごたえがあり、体にいいものを食べているという感覚も味わえるでしょう。

20170410_rikashitsu10.jpg

街を歩いていると、お寺や神社を見つけることが多いのが清澄白河の特徴のひとつ。偶然の出会いに感謝しつつ、こうしたところもゆっくり巡りたいものです。

リカシツのワークショップでいい香りに包まれ、リカサンポと一緒にあちこち回りながら、清澄白河を楽しむ......。今度はカフェだけにとどまらない、清澄白河のいいところを見に行ってみませんか?

リカシツ」 住所:東京都江東区平野1-9-7 深田荘102 アクセス:都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」より徒歩3分 TEL:03-3641-8891 営業時間:月~金13:30~18:00 土・日・祝日13:00~18:00 定休日:不定休 ※ワークショップ情報はこちら

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ