1. Home
  2. EAT
  3. おいしいを決めるのは体験? ローカルごはんの向こうにある人々のつながり

おいしいを決めるのは体験? ローカルごはんの向こうにある人々のつながり

飯島綾子

おいしいを決めるのは体験? ローカルごはんの向こうにある人々のつながり

おいしいごはん、というのは「何を食べたか」ではなく「何を体験したか」で決まるのかもしれない。そう思わせてくれるのが、地方のコミュニティを軸にしたまちづくりに携わる山崎 亮さんの著書『地域ごはん日記』です。

心がゆるむエピソードの数々

0410_gohan_1.jpg「地域ごはん日記」は山崎さんが仕事で訪れた地域のレストランやカフェ、地域密着メニューを手書きのあたたかいイラストを添えて紹介している本。おもしろいのは料理そのものよりもそこで出会った人々や遭遇した出来事などにフォーカスして書かれているところです。都市部の画一化された飲食店ではまずありえないような、ローカル食堂の少しとぼけたエピソードが満載。読んでいると自然と心がゆるんでくる気がします。

たとえば、"来店人数で味が変わるほど正直な店"というタイトルがつけられた長崎県五島市「萬盛楼」のちゃんぽん。小さく家庭的なその店は、大人数で行くとその分スープの味が薄まるのだとか。

いつ食べても同じ味を出す店が増えた。それ自体は悪いことではない。しかし、それが行きすぎると、冷凍食品やレトルト食品を加熱して出す「いつでもどこでも同じ味」の店が増える。そんな時代に、つくり方が想像できるほど正直な店は貴重な存在になるだろう。

(『地域ごはん日記』P22より引用)

おいしいごはんの向こうに見えるもの

ほかにも愛媛県宇和島市の「やまこうどん」というお店は、元気で明るい女性店主はいるものの、常連のお客さんは自分たちでうどんをゆでてネギを切って、そのまま食べて代金を置いていくという、まさに完全なセルフサービスなうどんやさん。店主とお客さんの関係をコーディネーターと市民の関係に置きかえて、「まちのマネジメントもかくありたいものだ」と評されています

ローカルフードやレストランを取り巻く人間らしいエピソード。人と人とのつながりを生業にしている山崎さんならではといった視点が表れている文章。地方の「おいしいごはん」の向こうがわに、山崎さんは理想的なコミュニティの在り方を見いだしているのかもしれません。

心がほっこりあたたかくなるような『地域ごはん日記』。読んだ後はおいしいごはんを求めてどこか遠いところにふらっと旅に出たくなりました。

[『地域ごはん日記』]

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー