1. Home
  2. STYLE
  3. いまから待ち遠しい。日本初公開の作品に出会えるゴッホ展

いまから待ち遠しい。日本初公開の作品に出会えるゴッホ展

1,179

片岡理森

いまから待ち遠しい。日本初公開の作品に出会えるゴッホ展

誰でもその名前を聞くだけで、作品の情景やタッチまで思い出すことができる画家はそう多くはいませんが、ゴッホはそのなかでも筆頭ではないかと思います。

美術の教科書にも掲載され、力強い筆づかいや壮絶な生きざまが強烈なインパクトで記憶に残るゴッホ。日本ではすでにおなじみの画家ですが、ゴッホと日本のつながりの深さをさらに知ることができる展覧会が開催します。

6年越しに実現する国際プロジェクト

2017年の夏、北海道立近代美術館から巡回がスタートするのは「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」。日本初となる、オランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトで、企画の立ち上げから6年に渡る準備期間を経て、待望の開催となりました。

20170407_gogh_01_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『花魁(渓斎英泉による)』1887年,油彩・カンヴァス,ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum,Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

ゴッホはパリの画商店で日本の浮世絵と出会い、その鮮やかな色彩や質の高さに魅了され、肖像画の背景に描き込むほどに大きな影響を受けたといわれています。

20170407_gogh_00_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『カフェ・ル・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ』1887年,油彩・カンヴァス,ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum,Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

本展は二部構成になっていて、第一部では、ゴッホが描いた浮世絵の模写や、構図や色彩の表現様式、理想郷として夢見ていた日本のイメージを反映した作品など、さまざまな角度からゴッホ作品への日本の影響をひも解きます。

第二部では、近代日本の知識人約240人が、ゴッホ終焉の地であるオーヴェールを訪れた記録を残した「芳名録」を公開するとともに、その巡礼の様子を約90点の豊富な資料からたどる内容になっています。

日本初公開のゴッホ作品を展示

注目は、なんといっても日本初公開となる4点の作品。

20170407_gogh_02_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『雪景色』1888年,油彩・カンヴァス,個人蔵
20170407_gogh_03_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『ポプラ林の中の二人』1890年,油彩・カンヴァス,シンシナティ美術館蔵 ©Cincinnati Art Museum,Bequest of Mary E. Johnston,1967.1430
20170407_gogh_05_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『夾竹桃と本のある静物』1888年,油彩・カンヴァス,メトロポリタン美術館蔵 ©The Metropolitan Museum of Art.Image source:Art Resource,NY
20170407_gogh_04_2.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ『タラスコンの乗合馬車』1888年,油彩・カンヴァス,プリンストン大学美術館寄託 ©The Henry and Rose Pearlman Collection / Art Resource,NY ※札幌、東京の2会場のみ展示

よく知られている作品とくらべて、柔らかい雰囲気を感じられる作品もあり、新しい側面が垣間見られそう。近くで見て、そのタッチも確認したくなります。これらを含む約40点のゴッホ作品を通じて、日本からどのような影響を受けて作品に投影したのかを多角的に検証するとともに、ゴッホが日本に魅了されるきっかけとなった浮世絵をはじめとする日本美術作品も約50点展示されます。

日本を夢見たゴッホと、ゴッホに魅了された日本人。交差する夢の軌跡を体感することができるゴッホ展に、今から期待で胸がいっぱいです。

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢<札幌>会期 2017年8月26日(土)~10月15日(日) 会場 北海道立近代美術館<東京>会期 2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝) 会場 東京都美術館<京都>会期 2018年1月20日(土)~3月4日(日)会場 京都国立近代美術館

    specialbanner

    Ranking

    1. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    9. 2020年8月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    8. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    9. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    10. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら