1. Home
  2. STYLE
  3. 絶妙なマルチカラーに注目。進化が続く、ユニークで刺激的な一足

絶妙なマルチカラーに注目。進化が続く、ユニークで刺激的な一足

絶妙なマルチカラーに注目。進化が続く、ユニークで刺激的な一足

心地よい春風に誘われて、お出かけの機会も増える季節。たくさん歩いても疲れないスニーカーをコーデに加えたい気分。定番のホワイトやブラックはもう持ってるから、次にほしいのは主役になってくれるようなデザイン性の高いアイテム

この春、履くだけでセンスも気分も上がりそうな一足が、「Reebok(リーボック)」から登場します。

名作を受け継ぐ、美しいモデル

2017年4月8日(土)に発売されるのは、「ZOKU RUNNER(ゾク ランナー)」。歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」において、ブランドのルーツであり、リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズのエッセンスを受け継いだモデルになっています。

20170406_reebok_01.jpg
ZOKU RUNNER ULTK MULTI / 16,000円(税別)

多彩な色遣いが目を引くマルチカラーモデルは、ZOKU RUNNERの特徴である余計な装飾を排除した「ULTRAKNIT(ウルトラニット)」によるアッパーデザインと、春らしい配色がマッチ。サイドのパーツがスケルトンになっていることと、ヒールケージとソールのホワイトが、この配色をより際立たせる工夫になっています。

ゾクゾクするコラボプロジェクト

また、ZOKU RUNNERの発売に伴って始まるプロジェクトも気になります。リーボック クラシックのキーワードである「FAME/フェイム(Fashion、Art、Music、Entertainment)」にまつわるさまざまなクリエイターが、「ZOKU/続」をテーマに刺激的でファッショナブルな作品をSNS上で発信していくのだとか。

@kxixdxsがシェアした投稿 -

アーティスト・市川孝典さんによるコラボ作品。

アイドル・菜乃花さん、フォトグラファー・笠井爾示さん、スタイリスト・タケダトシオさんによるコラボ作品。

さまざまなジャンルで、それぞれ第一線で活躍する人たちが作り上げるゾクワールドの展開が気になります。

おしゃれでエッジの効いたスニーカーですが、意外と合わせる服のカラーやジャンルの幅が広いのもマルチカラーのなせるワザ。カジュアルにはもちろん、マキシスカートからチラ見せしてもカワイイかも。いつもと一味違う着こなしに挑戦したくなる、そんな刺激をくれるスニーカーです。

ZOKU RUNNER

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    絶妙なマルチカラーに注目。進化が続く、ユニークで刺激的な一足

    FBからも最新情報をお届けします。