1. Home
  2. MIND
  3. 【デンマークのストレス解消法】心をリセットするために。かぎ針編みが静かなブーム

【デンマークのストレス解消法】心をリセットするために。かぎ針編みが静かなブーム

ストレスフリーな生き方

1,027

大澤弥生

【デンマークのストレス解消法】心をリセットするために。かぎ針編みが静かなブーム

最近、デンマークの若者たちの間で、かぎ針編みが流行っています。その理由はずばり、心をリセットするため。デンマークの新聞「ベアリンスケ・ティザナ」に、その静かなブームを紹介する記事がありました。インタビューに答えたのは、マリア・ボック・イエンセンさん。視覚医学を学ぶ25歳の学生です。

かぎ編みがもたらすリラックス効果

20170414_mermaid1.jpg

ある日、100円ショップでかぎ針の編み図が書かれたポストカードを見つけたマリアさん。それまで全く興味がなかったのに、なぜかひかれて、糸とかぎ針も購入。さっそくYoutubeで編み方を覚え、その日以来、かぎ針が手放せなくなりました。

「それまではいろいろなやるべきことを、いつも頭のどこかで考えている状態でストレスもかなり溜まっていました。でもかぎ針編みをしていると、ごちゃごちゃしたことを忘れてしまうのです」

20170414_mermaid2.jpg

おまけに、かぎ針編みをはじめてから、夜もずっとよく眠れるようになったとのこと。ただただ編むという繰り返しの行為が、瞑想する時にマントラを何度も唱える行為と似ているからかも、とマリアさんは言います。

20170414_mermaid3.jpg

記事によると、マリアさんだけでなく、かぎ針編みにいそしむ若者たちが急増。街には「編み物カフェ」も現れ、手芸店のオンラインショップでも、かぎ針関連グッズが、なんと前年の2.4倍も売れているそうです。そんな現象を、コペンハーゲン大学の社会学者、ベラ・マークマンさんは、こう説明します。

肉体的反復運動は、脳をリラックスさせます。かぎ針しかり、プールを何回も往復して泳いだり、フィットネスクラブのマシーンで走ったりするのも、同じ効果があります」

また、多くの若者たちから、かぎ針編みをしていると瞑想しているような気持になる、と聞きとりをしているそうです。

「編み物やパン焼き、野菜を育てるなど、手を使って形があるものを生み出すことは、この時代、精神的にとても良いことなのです」

さて、マリアさんは、作品と簡単な編み方をブログで紹介しています。鍋つかみや編みぐるみ、ボレロなど、どれもかわいいものばかり。その中でも大ヒットは、ユニークなマーメイドのレッグ・ウォーマー。「私も作った! 」という読者からの写真がぞくぞくと送られ、そして3月末にはついに、あのロイヤル・コペンハーゲンのカフェでも、マーメイドのレッグ・ウォーマーが特別展示されました。

癒しのキーワードはおばあちゃん世代

20170414_mermaid4.jpg

社会制度が整っている、ストレス度合いが低そうなデンマークですが、やはり誰しも生きていればかならずストレスは生まれるもの。とくにマイロハス年代の女性たちは、「もっと完璧な自分」を求める傾向があり、ストレスにさらされているようです。

彼女たちの「完璧な自分」とは、キャリアを築く、子どもを産む(しかも3人など、多ければ多いほど生活コントロール度が高いと思われる)、女性としていつもきれいに魅力的でいる、という確かに高いハードル。だから常にTo doリストがいっぱいで、疲れ切ってしまうのかもしれません。

そんな彼女たちにとって、ほっとできるキーワードは、おばあちゃん時代のもの。おばあちゃんが作ってくれた昔ながらの料理やお菓子などなど。癒し感のあるレトロなかぎ針編みも、そんな彼女たちの心のスイートスポットにぴったり合ったのかもしれません。

指を動かしている間に、いつの間にかもつれた気持ちがほぐれて、気がついたらすてきな作品が手元にあるなんて、デンマークらしい優しい心のリセット方ですね。

ベアリンスケ・ティザナ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由