1. Home
  2. MIND
  3. ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

人間関係とは不思議なもので、会った瞬間から意気投合する人もいれば、見れば見るほど嫌いになる人もいます。「馬があう」とか合わないとか、いわゆる化学反応の不思議なエネルギー。これは一体どこからやってきて、私たちに何を言わんとしているのでしょうか。

真のエネルギー泥棒は、「わたし自身」?

一応表面的には大人の対応をしているつもりなのに、「あなたのこと好き」「嫌い」という深層心理は、何となく相手と周りにも伝わってしまうから不思議です。世間ではいわゆる「波長の法則」という名前がついていて、どんな社会においても似た者同士は集まりやすいもの。嫉妬深い人は嫉妬深い人と一緒になって人の悪口で盛り上がり、おっとりとした人ばかりのグループの雰囲気は、どことなくのんびりしているものです。

ポジティブだったりネガティブだったり、大きかったり小さかったり。個人一人一人の持つそんな生命力エネルギーは、私たちの感情そのもの。与えたり、吸い取られたりしています。しかし一方で、人からエネルギーを削り取られているつもりでも、じつは自分自身で勝手に神経をすり減らしているだけの「エネルギー泥棒化」している可能性も。ダライ・ラマ氏いわく、この感情エネルギーは私たちが人間として成長するために不可欠であり、大切に蓄えてポジティブに使うべきだと述べています。

「敵は最良の教師である、という。忍耐、自制、寛容の大切さを学べるのだそうだ。しかしそれらを実際使うとなると、私たちはその機会をうまく利用できていない。敵に出会ったときにこそ実行してみようじゃないか」

(「Gedankenwelt」内、ダライ・ラマの言葉より引用翻訳)

どうやって対処したらいいの?

不安になればなるほど、人とは自分の手によってできるだけ全てをコントロールしたくなるもの。悩んでは落ち込み、感情の波が揺れて「エネルギー泥棒」へと変身してしまいます。そんな状況を防ぐために、氏はいくつかのヒントをあげています。

エネルギー泥棒にならないようにするためのヒント4つ

01.他人の悪口や噂話、文句や不平・不満の多い人を避けよう。あなたは彼らのゴミを入れられるような「ごみ箱」ではない。

02.健全な精神が宿るよう、健康には十分気を付けること。きちんと食事を摂り、体を休め、メディテーションをすると良い。

03.「人を許す」ということを習慣化しよう。過去にあったことを水に流すことで、あなたは強く前に進み出す。怒り・悲しみ・復讐を目的として生きてはいけない。これらの感情が沸き上がったことをその時理解するだけでよい。将来「手放して良かった」と、あのときの痛みが記憶の中だけに存在することを、きっと実感できるはず。

04.自分からした約束事は決して破ってはいけない。約束事とは自分のハートの一部を誰かにあずけるという「信用」を意味する。また人があなたを信用して話してきた秘密の話も第3者にもらしてはいけない。自分が守れないことは、最初から誰とも約束しないことだ。

彼のメッセージは、仏教のエッセンスが詰まったもの。人にどうしても振り回されてしまう、というやさしい人は、心に留めてみてもいいかもしれません。

Gedankenwelt

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

    FBからも最新情報をお届けします。