1. Home
  2. STYLE
  3. 浮いているかのよう。足との一体感がたまらなく心地いいスポーツサンダル

浮いているかのよう。足との一体感がたまらなく心地いいスポーツサンダル

力武亜矢

浮いているかのよう。足との一体感がたまらなく心地いいスポーツサンダル

暖かくなると、スニーカーよりサンダルを履きたくなる日が増えてきますよね。中でもストラップ付きのスポーツサンダルはしっかり足もホールドしてくれるので、エクササイズしながらのウォーキングにも最適。ちょっと体を動かしたくなる季節にぴったりのアイテムです。そんなスポーツサンダルに、履いていない錯覚をおこしそうなほど快適な履き心地のスポーツサンダルが新登場しました。

足とフットウェアが一体化する感動

発売されたのは、ストラップ付きスポーツサンダルのパイオニアブランド「Teva ® (テバ) 」の「Terra-Float Universal Lite(テラフロート ユニバーサル ライト)」(4色 各9,504円)。独自素材「フロートライトTM」が、持続性のある反発力と、クッショニングを実現しています。それはもう、まるで水に浮かんでいるときのような、浮遊感を感じる履き心地。足を包み込む設計で、靴と足を一体にして歩くことができます。

カジュアルファッションとのコーディネートも楽しめる

020170329_sandaru_02a.jpgカラーは全4色。カジュアルなファッションと合わせやすく、裸足のまま履いても、ソックスを合わせてもおしゃれに見えるデザインです。ラフな通勤スタイルでのエクササイズ・ウォークにぴったり。もちろん、アウトドアや旅先でも活躍しそうです。

とにかく、足にストレスを感じない。

軽やかなフットワークで朝の街を歩けば、1日がうんと楽しく、気持ちよく過ごせます。おしゃれも楽しめて気軽にエクササイズできるスポーツサンダルなら、一足持っていてもよさそうですね。

[Teva]

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?