寝るときは、Tシャツなどの部屋着よりもパジャマの方が睡眠の質が良くなるという話を聞いてから、しっかりパジャマに着替えて寝るようにしています。心がリラックスするのか、体が休憩モードにスイッチされるのか、その効果はたしかに感じていて、眠りに落ちるまでのスピードも速くなりました。

ただひとつ難点があるとすれば、急な来訪があったとき。朝方に荷物が届いたりして、慌ててコートを羽織って玄関から顔だけのぞかせることも。外に出ても恥ずかしくないようなパジャマはないものかと思っていたところ、まさに、そんなわがままを叶えてくれるリラクシングウェアが登場しました。

アウター感覚で着る「寝られるプラスワン」

2017年3月下旬から発売になったのは、グンゼ株式会社のリラクシングウェア「Sleepy One(スリーピー ワン)」。「部屋着だけど眠りも快適で、ちょっと外に出るにもオシャレ」というコンセプトで作られました。

20170329_sleepyone_01.jpg
婦人長袖 / 2,300円(税別) 婦人9分丈パンツ / 2,000円(税別)

シンプルスタイリッシュなデザインのコットンブラウスという印象ですが、快適に眠れる工夫もしっかり隠されています。背中にゆとりを持たせ、ひねった時につっぱりにくい「前肩倒し」の肩ラインや、寝返り時にもウエストラインがだぶつきにくく、シェイプした脇ライン。また、前後差のあるパターン設計とスリット仕様で、寝返り時にも生地がつっぱりにくいのだそう。

今日は家のなかで過ごすという日には、気がつけば夕方までパジャマのままというときもあるズボラな私にぴったり。これなら、近くのコンビニまで行くのにも、わざわざ着替える必要がありません。

これからのパジャマの新定番として、さらにいろんなデザインや素材のシリーズ展開を期待したくなるリラクシングウェアです。

Sleepy One