1. Home
  2. EAT
  3. ホタルイカとれんこん、空豆のふわとろカレーソース #旬を楽しむレシピ

ホタルイカとれんこん、空豆のふわとろカレーソース #旬を楽しむレシピ

つちだ縁(ゆかり)

ホタルイカとれんこん、空豆のふわとろカレーソース #旬を楽しむレシピ

こんにちは、フードコーディネーターで料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。

過ごしやすく心地いい気候なのに、花粉のキツイ時期と隣り合わせの春。花粉症のひどい方には苦痛な季節です。食べものでケアできたら......と目をつけたのが、れんこん。れんこんに含まれる成分の「タンニン」とネバネバ成分の「ムチン」などが花粉症をやわらげるサポートをしてくれるそうで、毎日少しずつでも食べると良いと聞きました。確かに今年は耳鼻科のお世話になっていないので、れんこんパワーかもしれません。

今回は、シャキシャキ美味しいれんこんと旬のホタルイカ空豆を使ったメニューを作ります。

0323_vegerecipe_1.jpgポイントとなる調味料は「すし酢」

寿司飯を作るときはもちろん、さまざまな料理に使えるので1本あるとお料理が楽チンになるアイテムです。お酢を使うと同時に少し甘みを足したいお料理には、すし酢に置き換えて作ると砂糖がいらないので重宝しますよ。

ホタルイカとれんこん、空豆のふわとろカレーソース

0323_vegerecipe_top1.jpg<材料>2人分(調理時間15分)ホタルイカ 50gれんこん 20g空豆 5さや

材料Aみりん 小さじ1/2酒 小さじ1/2醤油 小さじ1/2

材料B卵黄 1個すし酢 小さじ2油 小さじ2カレー粉 ひとつまみ

<作り方>

1.ホタルイカは目と歯を取り、材料Aと絡めておく。

2.サヤから外した空豆と薄めの輪切りにしたれんこんを1分ほど塩ゆでして、冷水で色止めをし、空豆は皮を剥いておく。

3.ボウルに材料Bを入れ、泡立て器でむらなく混ぜる。鍋に沸騰直前のお湯を用意し、湯煎しながら1~2分泡立て器で混ぜる。ふんわりととろみが付くまで空気を含ませながら混ぜる。

4.お皿に(1)と(2)を盛りつけ、(3)のソースをかける。周りにほんの少し、カレー粉(分量外)を飾って完成。

調理のポイント

ホタルイカは、目と歯を取ることでとても食べやすく、やわらかな食感になります。面倒でも目だけでも取り除いてみてください。手で簡単に取れますし、食べやすさが違います。

ふわとろカレーソースは、卵黄を泡立て器で混ぜながら湯煎することで空気を含ませ程よく火が通り、ふんわりと滑らかな食感に仕上がります。

>>つちだ縁さんのアレンジおかずレシピ一覧

あと1品欲しいときのお助けおかず、緑の野菜のゴマだれトマト炒め干し野菜で旨味アップ、シンプルおかずの絶品クルミソース添え時短でヘルシー10分レシピ。トマトだれのスチームしゃぶしゃぶ

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?