MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット法ではない? ちゃんと知りたいグルテンフリーのこと

ダイエット法ではない? ちゃんと知りたいグルテンフリーのこと

ダイエット法ではない? ちゃんと知りたいグルテンフリーのこと

最近よく聞くグルテンフリーという言葉。私の住むフランスでも、たいていのスーパーに、グルテンフリーをうたう食品が並ぶようになりました。

グルテンフリーの恩恵、科学的根拠は?

グルテンは、小麦粉に含まれるたんぱく質が、水分と合わさってこねられることで生まれる成分です。このグルテンへのアレルギー反応が話題になったころから、グルテンフリーの食品が注目され始めたように思います。

そのため、グルテンフリーは体に良いとか、ダイエットになるという認識まで広まってきました。実際、2014年のアメリカ国立研究センターの消費者リサーチ『Le Parisien』によると、4分の3近いアメリカ人が、食卓からグルテンを追い出すことを検討しているといいます。

けれども、同誌が指摘するように、今の時点ではグルテンフリー食が健康に良いという説は、科学的には証明されていないのだそう

グルテン消費量と糖尿病との関係

それどころか、2017年3月9日アメリカ心臓病協会に発表されたハーバード大学の研究報告によれば、グルテンの摂取量が低い人ほど、2型糖尿病にかかるリスクが高いことが、判明したとのこと。

グルテン消費量の高い上位20%の被験者と、一日のグルテン消費量が4グラム以下の被験者を比べたところ、前者の方が、2型糖尿病にかかる率が13%低い

(「American Heart Association News」より翻訳引用)

※20万人近い参加者の、延べ30年に亘る観察データを分析したこの研究によれば、参加者のグルテン消費量は、ほぼ一日12グラム以内。その平均は一日5.8~7.1グラムでした。

グルテンは、小麦やライ麦に含まれますから、食品としては、パンのほか、パスタ、シリアル、ピザなどから体に取り込むことになります。グルテンの少ない食事とは、すなわちこれらの穀類が少ない食事のこと。そのため、グルテン消費量の低い被験者は、体に必要な食物繊維や、ビタミン、ミネラルなどの栄養素の摂取も少なく、研究者たちは、それがこの結果を説明できると考えています。

確かに、セリアック病(グルテンが原因となる病)患者やグルテンにアレルギーを持つ人は、グルテンフリーの食事をする必要があるでしょうが、そうでない限り現状では、ダイエット目的でグルテンを避けるメリットはなく、それどころか長期にわたるグルテンフリー食は、健康を損ねる可能性も......

「過ぎたるは、及ばざるがごとし」と言いますが、「及ばざるは、過ぎたるがごとし」を証明したこの研究結果。健康な体は、何よりもまずバランスの取れた適量な食事から、という基本を思い出させてくれるようです。

Le Parisien,American Heart Association

image via Shutterstock

Writing by冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    ダイエット法ではない? ちゃんと知りたいグルテンフリーのこと

    FBからも最新情報をお届けします。