1. Home
  2. STYLE
  3. 地球の裏側よりも遠い東京都、小笠原諸島「父島」へ【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書

地球の裏側よりも遠い東京都、小笠原諸島「父島」へ【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書

旅するデザイナーの冒険の書

1,219

地球の裏側よりも遠い東京都、小笠原諸島「父島」へ【前編】 #旅するデザイナーの冒険の書

「地球の裏側よりも遠い東京都」があります。東洋のガラパゴス諸島と言われる世界遺産の小笠原諸島。とにかく遠いイメージがあり、小学生の頃に「父島」「母島」という島を知り、どんな人が住んでいるんだろうと、不思議で仕方がなかったことを思い出しました。

20170323_chichizima1.jpg

地球の裏側よりも遠い東京都」。このキャッチコピーに魅せられて、どんな場所か実際に行ってみたくなり、おがさわら丸(通称:おが丸)を予約しました。

20170323_chichizima2.jpg

東京の竹芝桟橋より「おが丸」に乗り込みます

父島は、都内から南に約1,000km離れていますが、ここも立派な東京都。車のプレートは品川ナンバー。父島までは東京の竹芝桟橋から約24時間かかります。冬から春にかけての黒潮は波が高くなることが多く、船内はトイレに行くのも一苦労。今までに経験のない船の揺れに戸惑い、ジャンプをするように前に進みます。船の運航の都合上、一度小笠原へ向かうとなんと6日間帰ってこれません

20170323_chichizima03.jpg

私が旅したときは、船がリニューアルする前で片道25時間半......。今はとてもキレイな船に切り替わっています

年間を通じて亜熱帯気候の小笠原諸島は、貴重な動植物の宝庫。一度も陸とつながったことがないため、独自の生態系が進化し、ここでしか見ることのできない固有の生物が多いことから「東洋のガラパゴス」と呼ばれています。

海ではミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ、アオウミガメ、ザトウクジラ、イソマグロなどたくさんの生き物に出会えます。同じ日本なのに今までに経験したことがない情報ばかりで、行きの船はちょっと緊張気味。そんな小笠原初心者に優しい船内レクチャーがあります。小笠原での過ごし方、注意事項など1時間ほどガイドさんからお話を聞けるのです。

20170323_chichizima04.jpg

24時間もあるし、とても勉強になるのでこのイベントにはぜひ出席しておきたい

20170323_chichizima05,jpg.jpg

ガイドさんがスライドを使ってわかりやすく説明してくれます

朝になり目が覚めても外はどこまでもどこまでも太平洋が続きます。この船だけがぽつんと海の上にいるかと思うと、なんだか孤独を感じ、不思議な気持ちになります。

20170323_chichizima06.jpg

久しぶりの陸を発見! 勝手にコロンブスやマゼランになった気分!

しばらくすると小笠原諸島が見えはじめました。船は飛行機と違い、いろいろと船内を歩き回れるので意外にも24時間があっという間に感じます。上陸すると、たくさんの島民によるお出迎えが待っていました。ちょっとしたお祭り騒ぎで、知り合いが待っているわけでもないのになんだか嬉しいような恥ずかしいような。

民宿で荷物を置き、散歩に出かけると父島独自の文化やデザインに早速出会えました。

20170323_chichizima07.jpg

こちらが父島のメインストリート

20170323_chichizima08.jpg

商工観光会館の前には鯉のぼり。ではなく鯨のぼり! とってもかわいい!

20170323_chichizima09jpg.jpg

カラフルな「ぎょさん」たち。ここまでいろいろ販売している島も珍しい

20170323_chichizima,10.jpg

小笠原聖ジョージ教会。1909年に創立。太平洋戦争で焼失したのちに建て直され、昭和43年の日本返還から今に至ります

20170323_chichizima,11.jpg

父島にも生協が。おが丸で食料も運ばれてくるので、船の入港日には入口に買い物客の行列ができるそう

20170323_chichizima.12.jpg

目を疑った光景。なんと牛乳がそのまま床に置かれています! 冷蔵棚に入らない様子

20170323_chichizima,13.jpg

そのかわり冷凍で運ばれてきたパンが冷蔵棚に! 衝撃!

その後、小笠原海洋センターでウミガメの生態や歴史、現状がわかるウミガメレクチャーに。小笠原諸島は日本で最大のアオウミガメの産卵の場所。海洋センターでは、なんと子どものウミガメの甲羅磨き体験ができます。甲羅にコケや藻が生えていると紫外線の吸収が阻害されカルシウム不足になってしまうそう。ジタバタされますが、その姿がかわいくて連れてかえりたくなってしまうほど。(当たり前ですが海洋センターからのウミガメの持ち出しは禁止です)

20170323_chichizima,14.jpg

甲羅がピカピカになりました。ちびっこなのに凛々しい表情

夕方にはウェザーステーションと呼ばれる展望台に。たまたま誰もいなくて美しい景色を独り占め。あまりの美しさに言葉を失うほど。毎日表情の違う景色がここからは見られるとのこと。運がよいとクジラも見つけることができます

小笠原の父島にはユニークな文化と美しい景色があります。そして、内地では考えられないワクワクする出来事が次々と起こります。父島初日にすぐ「来て良かった!」と感動で胸がいっぱいになりました。

20170323_chichizima,15.jpg

ずっと見ていられるほどの美しさ。一面に海が広がります

20170323_chichizima,16.jpg

海と空と太陽。最高の組み合わせ

次号では、小笠原の豊かな自然をご紹介します。

>>【後編】はこちら

>>【旅するデザイナーの冒険の書】をもっと読む >>旅するデザイナー冒険の書プロローグ

rumi

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって