1. Home
  2. EAT
  3. ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

2,349

吉川圭美

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は「足のつり」をおやつで防ぐテクニックについて

足のつりは、マグネシウム不足からきている

ヒールの高い靴で過ごした日、靴を脱いだあとに悩まされるのが足のつり。つらいながら履きたくなってしまうのも、正直なところかもしれません。

この、足のつりの原因のひとつとして考えられているのが、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れることです。筋肉の動きはさまざまなミネラルが関係しています。カルシウムとマグネシウムもそう。両者は細胞の内外で一定の割合で存在していますが、このバランスが崩れてしまうと、足のつりとなってあらわれることに......。

これらはストレスが多かったり、加工食品を多くとっていたりすると、尿と一緒に捨てられてしまう栄養素でもあります。さらにカルシウムは骨にストックがあるのに対し、マグネシウムには骨のような貯蔵庫はなく、不足しがちです。

アーモンドフィッシュをおやつに

ブラザーミネラルとも呼ばれているカルシウムとマグネシウムは、一緒にとるのがポイント。カルシウムは小魚や乳製品、青菜に、マグネシウムはナッツ類や豆類、未精製の穀類に多く含まれています。

最近、コンビニを見ていて発見したのが、アーモンドフィッシュ。これなら二つの栄養を一緒にとることができる! と、おやつに、間食に、なんとなく口がさみしいときに活用しています。今年はカラフルなヒール靴がトレンドの様子。おしゃれを心置きなく楽しむためにも、内側からのケアを忘れずにいたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?