1. Home
  2. EAT
  3. ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

2,473

吉川圭美

ヒールを脱いだとき、足がつる問題...おやつで解決しよう #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は「足のつり」をおやつで防ぐテクニックについて

足のつりは、マグネシウム不足からきている

ヒールの高い靴で過ごした日、靴を脱いだあとに悩まされるのが足のつり。つらいながら履きたくなってしまうのも、正直なところかもしれません。

この、足のつりの原因のひとつとして考えられているのが、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れることです。筋肉の動きはさまざまなミネラルが関係しています。カルシウムとマグネシウムもそう。両者は細胞の内外で一定の割合で存在していますが、このバランスが崩れてしまうと、足のつりとなってあらわれることに......。

これらはストレスが多かったり、加工食品を多くとっていたりすると、尿と一緒に捨てられてしまう栄養素でもあります。さらにカルシウムは骨にストックがあるのに対し、マグネシウムには骨のような貯蔵庫はなく、不足しがちです。

アーモンドフィッシュをおやつに

ブラザーミネラルとも呼ばれているカルシウムとマグネシウムは、一緒にとるのがポイント。カルシウムは小魚や乳製品、青菜に、マグネシウムはナッツ類や豆類、未精製の穀類に多く含まれています。

最近、コンビニを見ていて発見したのが、アーモンドフィッシュ。これなら二つの栄養を一緒にとることができる! と、おやつに、間食に、なんとなく口がさみしいときに活用しています。今年はカラフルなヒール靴がトレンドの様子。おしゃれを心置きなく楽しむためにも、内側からのケアを忘れずにいたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?