1. Home
  2. EAT
  3. 天然のカフェインが心地よい、スーパーリーフ「ワユサ」に注目

天然のカフェインが心地よい、スーパーリーフ「ワユサ」に注目

片岡理森

天然のカフェインが心地よい、スーパーリーフ「ワユサ」に注目

朝食のあとや、リフレッシュしたいとき、ランチ後の眠気覚ましなど、ついつい飲んでしまうコーヒー紅茶カフェインの摂取量が多くなると、胃痛や依存、体のダルさなどの症状が気になるので、健康のためにもノンカフェインやデカフェを試みましたが、なんだか物足りない気分。

そんななか、マイナスな症状が起こらない天然のカフェインを含むお茶が、いまアメリカで注目されています。

ジャングル生まれのエネルギードリンク

それは、アマゾン川流域エクアドルのジャングルに生息する木、「ワユサ(GUAYUSA)」。含まれるカフェインは天然のものなので依存症状などはなくポリフェノール15種のアミノ酸、緑茶の2倍の抗酸化作用を持つ「スーパーリーフ」として、レオナルド・ディカプリオなどハリウッドセレブの間でも話題になっているようです。適度な覚醒作用が得られるので、地元のKichwa集落では早朝の狩りに行く人たちが集中力を高めるのに利用しているのだとか。

「ワユサ」を気軽に摂れるオーガニックティー

そんなワユサを使った紅茶が、プレミアムオーガニックティーブランド「Art of Tea」から発売されました。

20170321_guwayusa_01.jpg
Happy Tea 71g / 2,592円(税込)

ハッピーティー(Happy Tea)」と名付けられた有機ワユサティーは、甘酸っぱいラズベリーとハイビスカス、そしてジャスミンの花の香りとのブレンドで幸せな気持ちにさせてくれます。

20170321_guwayusa_02.jpg

リーフタイプなので、朝にたっぷり作って外出先に携帯したり、冷蔵庫で冷やしてアイスティーにしてもよさそう。

思考をクリアにしたいときや集中力がほしいとき、これからは体にやさしいオーガニックティーがその役割を担ってくれそうです。

Art of Tea

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?