1. Home
  2. BODY
  3. 無理せずリラックスがポイント。春のからだの作り方

無理せずリラックスがポイント。春のからだの作り方

無理せずリラックスがポイント。春のからだの作り方

春は気をめぐらし、冬にたまった老廃物を出す季節ともいわれています。ですが、そのぶん体調がくずれやすくなります。疲労感が続いたり、不眠やイライラ、頭痛を感じやすくなったり。そこで上手な春のからだの作り方をおさらいしてみましょう。

春の体のほぐし方

<首・肩・眼をあたためる、肩甲骨の間をストレッチ、昼間の仮眠で春仕様に>

冬に眠っていたからだが目覚め、これから元気に動き出そうとがんばっているときは、急に激しい運動をはじめるよりも、ゆっくりとからだも夏に向けてシフトチェンジしたいものです。

たとえば、自律神経の乱れから肩がこりやすくなるので、目元や首肩をあたためる。また目の使い過ぎは思う以上にからだを疲労させるので、一日の終わりには温めたタオルを目元にのせて眼精疲労をとる。そして冬の間にこり固まった肩甲骨の間をほぐすようにストレッチを。このように、よりリラックスすることを心がけます。

そして3月18日は「春の睡眠の日」ですから、この機会にゆっくりと睡眠をとるように心がけるのもいいですね。春は昼間でも眠くなるという人が増えますが、でもじつは人体の睡眠のリズムとして、午後2時くらいに眠くなるのは普通なのだとか。だから眠気に罪悪感をおぼえることなく、できれば午後3時より前に、短い仮眠でリフレッシュをはかります。

からだの中をいたわる食材

<たらの芽・ぜんまいでデトックス、アルコールはほどほどに>

からだ全般のリラックスをこころがけたら、つぎに気になるのが食べものです。そこで春の食材のポイントを『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』より見てみましょう。

肝を補う食材を積極的にとりましょう。気を巡らせて気持ちを鎮める山菜、熱を鎮めて血を補う貝類、解毒作用を高めるきくらげや海藻類がおすすめです。

(『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』P28より引用)

とくに「たらの芽」や「ぜんまい」といった春の山菜は、気を巡らせるだけでなくデトックス効果も期待できるので、この時期には積極的にいただきたい食材です。

また薬膳の世界では「肝」にトラブルが起きやすいといわれている春ですから、飲み会シーズンとはいえ肝臓をいたわる飲みかたも心がけたいものです。

このようにからだの中と外をやさしくいたわり、あわてずゆっくりと春のからだに馴染んでいけるといいですね。

[『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』,「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書」]

image via Shutterstock

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    無理せずリラックスがポイント。春のからだの作り方

    FBからも最新情報をお届けします。