1. Home
  2. STYLE
  3. 出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

林 ゆり

出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

アイロンを出すのは面倒だけど、ちょっとシワが気になるときに便利な衣類スチーマー。なかでも、スタイリストさんたちに支持されているパナソニックの衣類スチーマーが進化して登場するということで、発表体験会に参加してきました。

170323_steamer_01.jpg

ワイドスチームであっという間の仕上がり

すでに累計生産台数100万台を突破しているという衣類スチーマーは、アイロンの準備が面倒なときや、忙しい時にもサッと使えてとても便利。ただ、手に持ったときに重さを感じると、ハンガーにかけたまま使うだけに女性にはちょっと大変だと思っていました。2017年4月下旬にパナソニックから発売される「衣類スチーマー NI-FS530」は、約700gでハンドル部分の操作性も良く軽く感じられます。

170323_steamer_02.jpg
衣類スチーマー NI-FS530(スチーム&プレス)左:ダークブルー,右:ピンクゴールド調 / オープン価格 ※2017年4月下旬発売

そして、スタイリストさんたちがパナソニックの衣類スチーマーを選ぶ理由は、そのパワフルなスチーム力。今回、従来品よりスチームが広がりやすい設計になり、一気にワイドにスチームがあてられます。しかも、アイロンのように生地に押しつけないため、フェミニンなふっくらブラウスなどは、そのやわらかいイメージを残しつつ、収納シワをきれいにのばしてくれます。

立ち上がりも早く、自動オフ機能も

24秒という素早い立ち上がりで、すぐに気になる部分に使えるのも便利。ニットの型崩れやふんわりさせたい小物類、さらに、衣類の臭いもスチームパワーでさよならできます。

170323_steamer_03.jpg

また、忙しい朝に使用し、慌てて出かけてうっかり電源を切り忘れたという時も、60分後に自動でオフになるのだそう。「基本的にはご自身でオフにしてくださいね」と、スタッフの方に言われましたが、朝、バタバタしがちな私には、とてもうれしい機能です。今回発表されたNI-FS530モデルは、スチームとプレスもできる2WAY仕様で、パンツの折り目つけにも使えます。

170323_steamer_04.jpg

体験会は、トータルファッションアドバイザーのYOKO FUCHIGAMIさんのトークを聞いた後ということもあり大盛況で、みなさん楽しそうにハンガーに掛けてあるシャツのシワをのばしていました。コンパクトなので、出張時にも重宝しそう。

パナソニック 衣類スチーマー

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー