1. Home
  2. STYLE
  3. 出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

林 ゆり

出かける前にサッとシワとり。スタイリストが選ぶ衣類スチーマー

アイロンを出すのは面倒だけど、ちょっとシワが気になるときに便利な衣類スチーマー。なかでも、スタイリストさんたちに支持されているパナソニックの衣類スチーマーが進化して登場するということで、発表体験会に参加してきました。

170323_steamer_01.jpg

ワイドスチームであっという間の仕上がり

すでに累計生産台数100万台を突破しているという衣類スチーマーは、アイロンの準備が面倒なときや、忙しい時にもサッと使えてとても便利。ただ、手に持ったときに重さを感じると、ハンガーにかけたまま使うだけに女性にはちょっと大変だと思っていました。2017年4月下旬にパナソニックから発売される「衣類スチーマー NI-FS530」は、約700gでハンドル部分の操作性も良く軽く感じられます。

170323_steamer_02.jpg
衣類スチーマー NI-FS530(スチーム&プレス)左:ダークブルー,右:ピンクゴールド調 / オープン価格 ※2017年4月下旬発売

そして、スタイリストさんたちがパナソニックの衣類スチーマーを選ぶ理由は、そのパワフルなスチーム力。今回、従来品よりスチームが広がりやすい設計になり、一気にワイドにスチームがあてられます。しかも、アイロンのように生地に押しつけないため、フェミニンなふっくらブラウスなどは、そのやわらかいイメージを残しつつ、収納シワをきれいにのばしてくれます。

立ち上がりも早く、自動オフ機能も

24秒という素早い立ち上がりで、すぐに気になる部分に使えるのも便利。ニットの型崩れやふんわりさせたい小物類、さらに、衣類の臭いもスチームパワーでさよならできます。

170323_steamer_03.jpg

また、忙しい朝に使用し、慌てて出かけてうっかり電源を切り忘れたという時も、60分後に自動でオフになるのだそう。「基本的にはご自身でオフにしてくださいね」と、スタッフの方に言われましたが、朝、バタバタしがちな私には、とてもうれしい機能です。今回発表されたNI-FS530モデルは、スチームとプレスもできる2WAY仕様で、パンツの折り目つけにも使えます。

170323_steamer_04.jpg

体験会は、トータルファッションアドバイザーのYOKO FUCHIGAMIさんのトークを聞いた後ということもあり大盛況で、みなさん楽しそうにハンガーに掛けてあるシャツのシワをのばしていました。コンパクトなので、出張時にも重宝しそう。

パナソニック 衣類スチーマー

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    3. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. 5役も果たすオールインワン。大人肌のための機能性ジェル【プレゼント】

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!