1. Home
  2. STYLE
  3. 洋服の捨てどき・寿命はいつ? 衣替え時の見直しポイント3つ #おしゃれのおさらい

洋服の捨てどき・寿命はいつ? 衣替え時の見直しポイント3つ #おしゃれのおさらい

おしゃれのおさらい

7,268

植村美智子

洋服の捨てどき・寿命はいつ? 衣替え時の見直しポイント3つ #おしゃれのおさらい

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

「洋服を捨てるタイミングがわからない」と相談を受けることがよくあります。愛着のない服なら躊躇なく処分できるかもしれませんが、もうそろそろかな......? と思いながらも捨てられないのは、お気に入りのものや、便利に活躍してくれた思い入れあるアイテムたち。これがなくなったらと思うと、なかなか手放せないもの。

でも、どのアイテムにも寿命はやってくるのです。ファッション環境を整えるためにも、アイテムの入れ替えは必須。ずーっと着続けて愛着が出てしまっているそのシーズンの終わりより、新しい気持ちになっているシーズンの始まりのほうが、アイテムの整理はしやすいはず。衣替えのこのタイミングでワードローブをちゃんと見直してみましょう。

1.状態的に寿命となるパターン

どんなに素敵なアイテムも、生地が傷んでいたり、汚れがひどくなっていたりしたら、おしゃれとしてマイナスでしかありません。捨てどきを見極めるヒントを書き出してみます。

トップスの捨てどき

・ ニットやカットソーの細かい毛玉、毛羽立ち・ ニット、カットソーの縮み、ヨレ・ カットソーの色あせ・ シワが取れなくなった化繊のブラウス・ 襟裏、袖口の汚れが取れなくなったシャツ

ボトムスの捨てどき

・ 膝が出たままのパンツ・ お尻の部分が伸びてしまったままのパンツ・ シワが取れなくなったタイトスカート

小物類の捨てどき

・ かかとが薄くなっているソックス・ 汚れすぎた白いスニーカー・ 傷だらけのヒールのパンプス・ シワやめくれがあり、合成皮革とわかりやすくなってしまったバッグやシューズ

2.流行が過ぎ去り寿命となるパターン

どれだけ気に入っているアイテムでも、今の流れに沿っていないものを取り入れるのは、おしゃれをする上で、大きなリスクとなります。シルエットや着丈、ネックラインのデザインなど微妙な変化でも、ズレが発生してしまうこともあります。基本的にワードローブは、3年に一度は必ず見直すべき

「もう古いのかもしれない」と不安になっても、自分では判断できない。というのであれば、いくつかのお店に行って、似たようなものを探してみましょう。同じようなものが置いていなければ、今の流れに沿っていないものかもしれません。処分するか、ちょっと考えた方が良さそうです。

3.似合わなくなり寿命となるパターン

年齢や体型の変化で、残念ながら似合わなくなってしまうこともあります。それを着た鏡に映る自分に違和感があるなら、そのアイテムは、おしゃれを楽しむということを阻止しようとする寿命を迎えたアイテム。手放しどきかもしれません。まだ着られるのに、ともったいなく思うなら処分するのではなく、リサイクルに出す、フリーマーケットで出店する、オークションに出すことを視野に入れると手放しやすいはず。そのほか、知人に譲るという手もありますが、その場合、その人にちゃんと似合うものかどうかを考えてから譲ることをお忘れなく。

さあ、すっきりとしたクローゼットで春を迎えましょう!

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析