1. Home
  2. BODY
  3. 目の疲れをとる、予防する。6つの簡単ケア

目の疲れをとる、予防する。6つの簡単ケア

目の疲れをとる、予防する。6つの簡単ケア

毎日のようにパソコンを使っているので、目の疲れは慢性的です。緩和させるために市販の目薬をいろいろ試してみたり、目のまわりをマッサージしたり、温めたりと、個人的にケアをしていますが、それでも追いつかないときがあります。

パソコンやスマホなどのデジタル機器は、もはや仕事だけじゃなく生活にも必要なものになっているので、手放すことはできません。目の疲れと、うまく付き合っていく方法はないのでしょうか?

現代の目は頑張りすぎている

梶田眼科梶田雅義先生によると、「視力がいいと言われてきた人ほど、最近は目の疲れを訴えてくることが多い」のだとか。

カメラのピントを合わせるのと同じように、目も"見る距離"に合わせてピントを自動的に合わせています。しかし、目は機械ではないため、ピントを合わせる際に力を使っているのです。つまり私たちの目は、力を使わないと遠くも近くもはっきりと見ることができないんですよ。(中略)遠くを見るために矯正された目だからこそ、近くを見るときにとてもがんばらないといけないのです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

一般的に「視力がいい」のは、「遠くがよく見える」こと。遠くが見えない人はメガネやコンタクトなどを使って矯正してきました。でも、現代はパソコンやスマホなど近くを見ることが中心の生活「遠くが見えることがいい」という思い込みはそろそろ捨てるべきなのかもしれません。

がんばり過ぎている目をそのままにしておくと、疲れはやがて身体にまで影響し、肩こりや冷え症などの不調にもつながっていきます

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

たしかに、長時間パソコンの前にいた日は、肩こり頭痛がすることも。目には重要な神経がつながっていると言いますから、たかが目の疲れと放置しないで、しっかりケアしていく必要がありそうです。

目の疲れをコントロールする6つの習慣

生活のなかで目の疲れを軽減し、予防できる簡単なケアがあるそうです。

<目が疲れたときのケア>

1. 指を立てて目で追い、目の筋肉を動かす緊張状態になっている毛様体筋(目の周りの筋肉)を動かします。顔の前で人差し指を立て、指を上下左右、右回し、左回しに動かしながら、その指を目で追いましょう。その際、顔は動かさず目だけを動かすように。これを1日3回くらいやることで、毛様体筋の緊張がほぐれ、目の疲れに効果的。

2. 目薬をさして5分だけ目をとじる疲れ目用の目薬をさし、そのまま5分ほど目を閉じて休めます。目薬は目のピント調節機能を改善する成分であるネオスチグミンメチル硫酸塩が入っているものがおすすめ。

3. 就寝前にじっくり温める1日の活動をすべて終えたら、就寝前に目を温めることも有効。血流に乗って酸素や栄養が運ばれてくるので、目の疲れが和らぎます。

<目の疲れを予防するケア>

1. 遠くや近くをくり返し見る近くを見ることが中心の生活では、毛様体筋の緊張状態も続いてしまいます。そこで、たまに遠くを見るようにし、緊張をゆるめましょう。遠くといっても、2~3m先を見ればOK。近くの景色と交互に、毎日10回ほどを目安にしてください。

2. メガネを上手に活用する遠くがよく見える近視用メガネを着用していて、裸眼でパソコン画面や本の文字がよく見える人は、手元に近い作業をするときにはメガネを外せば疲れにくくなります。近視が強く、裸眼ではよく見える距離が近すぎる場合には、度数の少し弱いメガネと併用してください。反対に、生まれつき目がいい人は近くにピントを合わせるために毛様体筋に大きな負担がかるので、毛様体筋に負担をかけない度数のメガネを活用すると、目の疲れを少なくすることができます。

3. 抗酸化作用のある食材を摂る抗酸化作用のある食べ物は、体内の活性酸素を取り除いて疲れにくくしてくれます。アスタキサンチンという色素が含まれる鮭やイクラ、ビタミンCが豊富な赤ピーマン、キャベツ、ビタミンEが含まれるアーモンドなどが効果的。

運動したあとの筋肉痛と同じように、目も筋肉を使っているので似たような症状がでるのだと納得。パソコンやスマホを使うときにはメガネをはずして、車の運転や映画を観るときにはメガネをかける、というように、シーンに合わせて使い分けをするとよさそう。栄養素を摂り入れて内側から補強していくというのもやってみたいと思いました。

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    目の疲れをとる、予防する。6つの簡単ケア

    FBからも最新情報をお届けします。