1. Home
  2. STYLE
  3. アフリカのお母さんの手仕事。パワーが湧くカラフルな「CLOUDY」の小物たち

アフリカのお母さんの手仕事。パワーが湧くカラフルな「CLOUDY」の小物たち

林 ゆり

アフリカのお母さんの手仕事。パワーが湧くカラフルな「CLOUDY」の小物たち

シュシュ / 1,000円(税別)

アフリカ民族柄伝統の織り特産品などを中心に、今までにないアフリカンテイストを取り入れたカジュアル&フォーマルブランドCLOUDY」。見ているだけでも元気になりそうなアイテムには、さまざまな想いが込められていました。

ポップなデザインと骨太なストーリー

曇りってどんよりした気分になりますが、あえて「CLOUDY」というブランドネームにしたのは、「どっちつかずの曇りの日をどう過ごすかで人生が大きく変わると思うから」なのだそう。コンセプトは「曇りの日を、きちんと楽しんで生きる」です。それは、アフリカで雇用を創出し、貧困や戦争、差別、病気という負のイメージを払しょくするための解決策にと立ち上げたブランドだから。

20170315_cloudy_01.JPG

伝統的な柄や織りを、アフリカのお母さんたちが手作りで仕上げています。現代のファッションに合わせやすい柄を日本のスタッフが選び、現地で作られているのだとか。生地もしっかりしていて、少し光沢感があります。私は、シュシュを愛用しているのですが、かなりのヘビーユースでも新品とあまり変わりません。

20170315_cloudy_02.jpg
シュシュ / 1,000円(税別)

20170315_cloudy_03.jpg
ポーチ / 大 3,800円(税別) 小 2,900円(税別)

雇用だけでなく自立とスキルの向上に

現地での雇用を行う企業も増えていますが、CLOUDYは、自立とスキルアップに力を入れ、一人でも多く自立した人間を輩出していくことに尽力しています。それは、大人の雇用のみならず、子どもたちの教育にも及びます。

20170315_cloudy_04.jpg
スリッパ / 4,800円(税別)

20170315_cloudy_05.jpg
クッション / 5,600円(税別)

貧困の連鎖を断ち切るために、教育に着目。しかも、永続的に学校教育が続けられるよう、現地の行政とともに公立の学校にしました。ガーナに建設した学校には、今年の夏に280人の子どもたちが入学予定なのだとか。

20170315_cloudy_06.jpg
エプロン / 5,800円(税別)

20170315_cloudy_07.jpg
トートバッグ / 6,000円(税別)

ポーチの売り上げの10%は雇用支援に、バッグやシューズなどは、1個ごとに文房具セットと売り上げの1%を学校建設費に、Tシャツは1枚ごとに給食10食分の支援になります。

20170315_cloudy_09.jpg
ポケットTシャツ / 大人 4,800円(税別) 子ども 3,800円(税別)

すでに、学校の授業はスタートしています。通っている子どもたちは、自分がお腹一杯でもないのに「半分残して、家にいる家族に持って帰りたい」と言います。近隣住民の子どもたちにも無料で給食提供を行っていますが、まだまだ食べられない人が多いようです。

カラフルで力強い柄が魅力的なアイテムの数々。このような背景を知らなくても欲しくなりますが、購入することが子どもたちの助けになるという素敵な要素も含めて、応援していきたいと思いました。

CLOUDY

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー