1. Home
  2. STYLE
  3. 気分が上がる! 肌とこころを軽やかに。この春のマストアイテム

気分が上がる! 肌とこころを軽やかに。この春のマストアイテム

大森りえ

気分が上がる! 肌とこころを軽やかに。この春のマストアイテム

きらきらと明るく、暖かな春の到来。それだけで私たちの心まで華やぐようです。

陽だまりのようなやさしい色のワードローブを身につけたり、インテリアや雑貨も春仕様に衣がえしたりして、毎日の暮らしに春らしさを取り入れたくなります。

春に欲しいのは、ふんわり軽やかな"エアリー肌"

lacouture_003.jpg

春らしさを演出したいなら、メイクも外せない要素のひとつ。出会いの季節でもある春、さまざまなシーンで明るい軽やかなメイクは人に与える印象をよくしますし、ベースメイクがきれいだと自分の気分も上がるもの。

春のベースメイクに欠かせないのは、素肌感を生かした軽やかさ。つけ心地はふわりと軽いのに、しっかりカバーしてくれて、まるでもともとの肌がキレイな人のように見せてくれる! と話題を集めているのがコスメデコルテ「ラクチュール ルースファンデーション N」です。

ルースならではの軽さと、ふんわり素肌っぽく仕上がるだけでなく、乾かず、崩れず、憧れの肌になれると人気。理想の"エアリー肌"を叶えるキーアイテムになりそうです。

lacouture_005.jpg

また、2017年3月16日には、この「ラクチュール ルースファンデーション N」のスペシャルキットが限定販売に。限定キットのパクトは、持っているだけで幸せな気分になれる美しいデザイン。ウェディングドレスブランド「THE HANY」のデザイナー、伊藤羽仁衣さんが手がけています。

星占いのエッセイで人気の石井ゆかりさん監修のレアアイテムがもらえる

lacouture_02.jpg

そんなコスメデコルテが、メイクとともに女性の心までも軽やかにしたいとの思いで開催するキャンペーンがあります。2017年3月25日(土)から4月30日(日)まで、全国のコスメデコルテカウンターでは先着でラクチュールを体感した方に、星占いのエッセイで人気の石井ゆかりさんによる「12星座メッセージカード」をプレゼント(無くなり次第終了)

石井ゆかりさんといえば、マイロハスの連載ではおなじみ。紡がれた言葉のひとつひとつにメッセージが込められた物語のような占いは、読むだけで心が軽くなると、多くの女性を惹きつけています。

心に響くメッセージは、お守り代わりに携帯するだけでも前向きになれそうです。各星座ごとのメッセージが集まった12枚つづりなので、一緒に春を満喫したい友だちにプレゼントしても喜ばれるはず。数量限定なので、ぜひとも手にしたいですね。

ラクチュールのパクトに込められた幸せな思い

lacouture_04.jpg

そのキャンペーンに先駆けて、ラクチュールの魅力を肌で感じることができるイベントが、3月12日(日)に開催されました。会場に特設されたラクチュールのブースには、「ラクチュール ルースファンデーションN」が華やかにディスプレイ。

今年のベースメイクのトレンドは"セミマット"。ラクチュールにはベースが6種類も揃っていて、なりたい肌をかなえることができます。ブースでは、多くの女性がそのつけ心地の良さを実感していました。

また、「ラクチュール ルースファンデーションN」限定キットのパクトをデザインした「THE HANY」の伊藤羽仁衣さんと、雑誌『GINGER』(幻冬舎)の編集長・渡邊千帆さんによるトークショーも開催。ウェディングドレスをはじめ、ラクチュールの限定パクトなどのデザインを通じて、羽仁衣さんが込める思いなどを語り、会場全体がハッピーオーラに包まれた時間となりました。

lacouture_006.jpg

なお、こちらのイベントの模様はGINGER2017年5月号掲載にて詳しくご紹介しています。

肌とこころを軽やかに。この春。うきうきした気持ちをもたらしてくれる「ラクチュール」から目が離せません。

ラクチュール

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた