MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 髪に爪、末端ケアにタンパク盛り習慣を #ポジティブ栄養学

髪に爪、末端ケアにタンパク盛り習慣を #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

髪に爪、末端ケアにタンパク盛り習慣を #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は、いまの時期から取り入れたい、内側からの末端ケアについて。

意外に多い!? タンパク質不足

3月が過ぎ、軽やかな色合いが気になるころ。コスメカウンターには春の新色が並び、見ているだけで気分が上がります。周りを見渡せば、春の気分をネイルから取り入れている、という人もちらほら。ネイルを楽しむために爪のお手入れはもちろん、内側からのケアも大切なのは言うまでもありません。そこで登場するのがタンパク質。爪だけでなくつややかな髪など、末端ケアのために第一にチャージしたい栄養素でもあります。

一日当たりのタンパク質の必要量は、体重1kg当たり1〜1.5gほどといわれます。たとえば体重50kgの人は、最低50gは必要ということ。運動量が多い人、成長期の子ども、妊娠・授乳時などはさらに多くなります。一方、食材に含まれているタンパク量は、たとえば卵1個で6.2g、鶏もも肉半分で26g、塩シャケ1切れ22.4g、納豆1パック6.6gといった具合。穀物などにも少量ながら含まれています。

こう見ていくと、一日50gは楽勝と思えるかもしれません。しかしプロテインスコア、加熱の損失などを考えると、実質的にとれるタンパク量は少なくなってしまいがちです。とはいえ、ステーキや焼き魚ばかりでは飽きてしまうし......。

普段の料理に肉や魚、豆をプラス

どうやってタンパク質をとったらいいのか、試行錯誤をしてきた私。いま、続いているのが"タンパク盛り"です。

たとえばみそ汁を作るときは豚肉と豆腐、油揚げをプラス。炊き込みご飯やひじきのときは豚肉の代わりに鶏肉を。プロテインスコアも上がり、タンパク質を体内で有効活用できるのもメリットです。カレーのときは卵を2〜3個使い、「オムレツのカレーがけ」ぐらいのイメージで。炒め物のときには豚肉とシーフードミックスを"盛る"ことでうまみも加わります。続けるうちに"タンパク盛り"は意外にいろんな料理に応用できることがわかってきました。

外食のときはご飯の量を控えめにしてチーズやビーフジャーキーをプラスしたり、疲れて帰ってきたときの夜食はインスタントのポタージュスープにシーフードミックスを加えたり。お腹も満足するうえ、睡眠時のお肌の修復にも一役かってくれます。タンパク質量を毎食ごとにカウントするのも、それはそれで楽しい(結果が見えやすくモチベーションが上がりやすい)のですが、数字にこだわりすぎず、"盛る"ことを意識して食べるだけでも、タンパク質の量はアップ

個人的には二枚爪に悩むことがなくなったうえ、髪が伸びるスピードも早くなりコシも出てきたように感じます。周りを見渡しても、タンパク質を意識している人はみんな、髪も肌もツヤツヤ。きちんととることで末端の変化を実感しやすい栄養素といえると思います。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    髪に爪、末端ケアにタンパク盛り習慣を #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。