1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ゆらぎ肌をレスキュー。潤ったキメ肌をつくる優秀美容液

ゆらぎ肌をレスキュー。潤ったキメ肌をつくる優秀美容液

片岡理森

ゆらぎ肌をレスキュー。潤ったキメ肌をつくる優秀美容液

ピリピリしたり、花粉でかゆくなったり、ゆらぎやすい春の肌乾燥を防ぎバリア機能をアップする美容液をピックアップしました。

ヒト型セラミドで潤う

ETVOS(エトヴォス)

ETVOS(エトヴォス) / 6,980円(税込)

敏感肌・乾燥肌・インナードライ肌のために、潤いバリアを高めることを第一に考えてつくられた保湿美容液。肌なじみが良くサッと浸透し、保湿効果が持続。ゆらぎがちな肌にセラミドを補い、キメの整ったみずみずしい肌へ導きます。

>>この美容液が欲しい

敏感肌でも安心の使い心地

常盤薬品工業株式会社

常盤薬品工業株式会社 / 5,000円(税込)

肌あれ・乾燥を防ぎ、透明感あふれるイキイキとした肌へ導く集中美容液。皮膚のバリア機能を考慮した保湿成分、天然型セラミド(セラミド3)配合。

>>この美容液が欲しい

浸透しやすいナノ化セラミド

金澤コスメティクス

金澤コスメティクス / 2,530円(税込)

特殊製法でナノ化したセラミドが、肌の奥まで入り込み体内の水分をしっかりつなぎとめます。肌の潤い感、透明感、滑らかさなどの美しさを保ちます。

>>この美容液が欲しい

乾燥小じわも減らしたい

キュレル

キュレル / 2,484円(税込)

肌に潤いを与え続けてしっかりとどめる独自の処方。乾燥による小じわを目立たなくします。目もとや口もとなど、顔全体に潤いのあるハリを与えます。

>>この美容液が欲しい

化粧水の前にひと手間

ジュリーク(Jurlique)

ジュリーク(Jurlique) / 8,424円(税込)

さまざまなハーブが溶け合う、甘く芳しい香りの美容オイル。肌を柔軟に整え、そのあとのお手入れの浸透をサポート。オイルパックやヘアトリートメントにも使えます。

>>この美容液が欲しい

セラミドやハーブなど、敏感になった肌にもやさしい成分。いつものベースラインにプラスするだけで、むずかしい肌の機嫌が直りそう。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析