1. Home
  2. STYLE
  3. 春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

おしゃれのおさらい

春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

3月になりました、春です。お店をのぞくとあれもこれも欲しくなる、1年で1番お買い物意欲がアップするといっても過言ではない季節がはじまります。

わかりやすく今年らしい春のアイテムといえば、フラワープリントのアイテムたち。今年の花柄は「大きめな柄」! スカートやワンピースなど、ぱっと目を引くアイテムが、たくさんお店に並んでいます。

どれも主張は強めなので、気になりながらも尻込みしてしまう人は多いかもしれません。でも、春らしいこのアイテムたちを、せっかくなので着てほしい! ということで今回は、フラワープリントアイテムの着こなし方のお話です。

トップスと花柄スカートの合わせ方

今シーズンも引き続き、大人が着やすい長めの丈が主流のスカート。花柄のタイプは、ロング丈のフレアスカートが多く出ています。柄物アイテムをコーディネートするとき、合わせるアイテムの色はその柄の中から拾うというのが、失敗を少なくする基本的な考え方。そして、どの色を選ぶかによって、コーディネートの印象は変わります。

トップスに何色を合わせる?

ベースの色を選ぶ → まとまりが出て落ちついた印象に花柄の中の色を選ぶ → 華やかで強い印象に

たとえば、

白ベースに、オレンジやグリーンの花柄スカート

+白トップス → 落ちついた印象に+オレンジ or グリーントップス → 少し強い印象に

ネイビーベースに、ピンクや黄色の花柄スカート

+ネイビートップス → まとまりあるコーディネートに+ピンクor黄色トップス → エッジの効いた着こなしに

色選びで派手すぎない安心コーディネートを

大きめの花柄アイテムに尻込みしていた人には、ベースの色を選び、安心感あるコーディネートをつくることをおすすめします。ベースの色がベーシックなスカートであれば、コーディネートはより作りやすくなります。

<ワンポイント>

もし全体的に物足りなく感じるようであれば、花柄の中の濃いめの色を、バッグやベルト、シューズなどの小物類でプラスしてみてください。そうすることでコーディネートが引き締まり、おしゃれ度は一気にアップします。

より今年らしさがでるのは花柄ワンピース

アイテムとしてより今年らしいのは、ワンピース。アウター代わりに羽織ることもできる、軽やかな素材のシャツやガウンタイプのものが多く出ています、こちらもロング丈が主流。

基本的には、スカートと同じ考え方ですが、アイテム自体エッジが効いている羽織って着るワンピースは、コントラストをしっかりつけた、強めの着こなしがおすすめです。

ベースの色がネイビーや黒など濃い色の場合

柄の中にある明るい色、もしくは白やライトグレーなどベーシックな明るい色のトップスを。

ベースの色が白やベージュなど明るい色の場合

柄の中にある濃い色、もしくはネイビーや黒などベーシックな重めの色のトップスを。

作り上げたコーディネートの雰囲気に、ヘアやメイクを合わせることもお忘れなく。好みの柄は、見ているだけで気分を上げてくれます。お気に入りを見つけに、さっそくショッピングに出掛けましょう。

イラスト/米山夏子

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

    FBからも最新情報をお届けします。