1. Home
  2. STYLE
  3. 春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

おしゃれのおさらい

春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい #おしゃれのおさらい

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

3月になりました、春です。お店をのぞくとあれもこれも欲しくなる、1年で1番お買い物意欲がアップするといっても過言ではない季節がはじまります。

わかりやすく今年らしい春のアイテムといえば、フラワープリントのアイテムたち。今年の花柄は「大きめな柄」! スカートやワンピースなど、ぱっと目を引くアイテムが、たくさんお店に並んでいます。

どれも主張は強めなので、気になりながらも尻込みしてしまう人は多いかもしれません。でも、春らしいこのアイテムたちを、せっかくなので着てほしい! ということで今回は、フラワープリントアイテムの着こなし方のお話です。

トップスと花柄スカートの合わせ方

今シーズンも引き続き、大人が着やすい長めの丈が主流のスカート。花柄のタイプは、ロング丈のフレアスカートが多く出ています。柄物アイテムをコーディネートするとき、合わせるアイテムの色はその柄の中から拾うというのが、失敗を少なくする基本的な考え方。そして、どの色を選ぶかによって、コーディネートの印象は変わります。

トップスに何色を合わせる?

ベースの色を選ぶ → まとまりが出て落ちついた印象に花柄の中の色を選ぶ → 華やかで強い印象に

たとえば、

白ベースに、オレンジやグリーンの花柄スカート

+白トップス → 落ちついた印象に+オレンジ or グリーントップス → 少し強い印象に

ネイビーベースに、ピンクや黄色の花柄スカート

+ネイビートップス → まとまりあるコーディネートに+ピンクor黄色トップス → エッジの効いた着こなしに

色選びで派手すぎない安心コーディネートを

大きめの花柄アイテムに尻込みしていた人には、ベースの色を選び、安心感あるコーディネートをつくることをおすすめします。ベースの色がベーシックなスカートであれば、コーディネートはより作りやすくなります。

<ワンポイント>

もし全体的に物足りなく感じるようであれば、花柄の中の濃いめの色を、バッグやベルト、シューズなどの小物類でプラスしてみてください。そうすることでコーディネートが引き締まり、おしゃれ度は一気にアップします。

より今年らしさがでるのは花柄ワンピース

アイテムとしてより今年らしいのは、ワンピース。アウター代わりに羽織ることもできる、軽やかな素材のシャツやガウンタイプのものが多く出ています、こちらもロング丈が主流。

基本的には、スカートと同じ考え方ですが、アイテム自体エッジが効いている羽織って着るワンピースは、コントラストをしっかりつけた、強めの着こなしがおすすめです。

ベースの色がネイビーや黒など濃い色の場合

柄の中にある明るい色、もしくは白やライトグレーなどベーシックな明るい色のトップスを。

ベースの色が白やベージュなど明るい色の場合

柄の中にある濃い色、もしくはネイビーや黒などベーシックな重めの色のトップスを。

作り上げたコーディネートの雰囲気に、ヘアやメイクを合わせることもお忘れなく。好みの柄は、見ているだけで気分を上げてくれます。お気に入りを見つけに、さっそくショッピングに出掛けましょう。

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい

#26 善は急げ、今から長く使える春アウターの選び方

#25 今日からできる、いつものコーデに新鮮味をプラスする着こなし術

#24 賢くおしゃれに暖かく。見せないインナーの選び方

イラスト/米山夏子

植村美智子

    Ranking

    1. 毎食摂りたい「肉を使わない高タンパクなおかず」12選

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 筋トレに年齢は関係ない! やれば応えてくれるのが筋肉の魅力

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「鍛える」はもう古い! 気づいたら美ボディになるKaoru流メソッド

    7. かしこい筋肉強化のコツ。女性がトレーニングで気をつけたいこと

    8. 瞬速ヘアドライヤーで、一気に髪を乾かしたい! Amazonからオススメ5選

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ホルモン乱れで体重が落ちない? 太りやすい人向けダイエット指南

    7. なぜ筋トレ好きはタンクトップを着るのか。その理由を解明

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. かしこい筋肉強化のコツ。女性がトレーニングで気をつけたいこと

    10. 筋トレで「睡眠の質」を上げるトレーニングのコツ

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    7. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選