1. Home
  2. EAT
  3. オメガ3? オメガ6? 体内から花粉症ケアする油の選び方 #ポジティブ栄養学

オメガ3? オメガ6? 体内から花粉症ケアする油の選び方 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,854

吉川圭美

オメガ3? オメガ6? 体内から花粉症ケアする油の選び方 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、花粉症と油の意外な関係について。

炎症をやわらげる物質と強める物質。その材料が油

春一番が吹き、暖かい日や風の強い日が増えてきました。となると、つらいのが花粉症。本番はこれから、といったところでしょうか。ティッシュやマスクが手放せない、なんてことも......。でも最近では、油のとりかたの工夫で、花粉症のつらさをやわらげることができるとわかってきました。

そもそも、身体で起こっているさまざまなトラブルは、言い換えれば炎症ととらえることができます。蚊に刺されたら肌が赤くなったり、風邪で喉が痛くなったりするのもそう。外から攻撃してきた細菌や異物などに対して身体が合図を送っているととらえることができます。花粉症も例外ではありません。

この炎症を、体内で抑えてくれる物質があります。その材料がサバやアジといった青魚の脂、エゴマ、アマニ、クルミに含まれる、オメガ3系脂肪酸を含む脂肪です。

その一方で、炎症をうながす物質も存在します。その材料を含むのが、サラダ油や大豆油、コーン油といった、オメガ6系脂肪酸の多い脂肪

つまり、日ごろ口にする油のバランスを変えることで、花粉症にまつわる不調をやわらげることにつながる、というわけです。

ランチの選び方で花粉症予防につなげる

たとえばランチ。フライものを避け、魚料理を意識的にチョイスする人も多いと思いますが、ここで青魚のものを選択すれば、オメガ3をとることができます。サバの塩焼きなどは、脂が多い皮目の部分も残さずに。このほかマグロやサケにも豊富です。熱に弱い性質があるので、お刺身でいただくと栄養素を無駄なくとることができますよ。

また、エゴマ油やアマニ油などを食卓にプラスする方法も。私もオメガ3の多いグリーンナッツオイルをサラダやスープにぐるっとひとかけしています。おやつをとるなら、クルミをチョイス。ちなみに甘いものは、アレルギーの不調を強めてしまう原因にもなるのでほどほどに。

このほかオメガ3は、脂肪燃焼を高めてくれたり、美しい肌づくりに役だったりと、美にもいい影響を与えてくれるのもうれしいところです。この春もおいしく体調ケアしながら、気分よくいきたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた