1. Home
  2. STYLE
  3. 出産祝いに。楽しく英語を学べる「おさるのジョージ」の絵本

出産祝いに。楽しく英語を学べる「おさるのジョージ」の絵本

土居文恵

出産祝いに。楽しく英語を学べる「おさるのジョージ」の絵本

アメリカから帰国して半年以上が経ちましたが、「買って良かったなぁ」と思う英語の絵本があります。それは『Curious George's Big Book Of Curiosity』。これは世界にひとつだけの「おさるのジョージ専門店」で購入したもの。かの有名なハーバード大学の目の前に位置しているお店です。

人気者ジョージの魅力がたっぷり

20170313_jeorge1.jpg

50ページ弱の薄い絵本なのですが、表紙には「Shapes,animals,number's,colors,over400words to learn,and more!(形、動物、数字、色など、400単語以上が学べる! )」の文字が。ページをめくれば、カラフルでかわいいイラストがぎっしり。その横には、数多くの英単語が記載されています。「おさるのジョージ」は日本でも人気者ですよね。時には「やりすぎ! 」と思われるイタズラをするジョージですが、その行動は楽しくて目が離せません。この絵本の中でも、そんなジョージのイタズラっぷりが見受けられます。消防車を使って花に水をあげたり、スーパーマーケットの野菜コーナーに埋もれていたり。思わずクスッと笑ってしまうようなジョージの姿が、ちょこちょこ描かれているのです。

英語を楽しく学べる一冊

ジョージの楽しい日常、かわいい姿を見ながら、英単語を多く学べるので、子どもにとってはとても刺激的で楽しい1冊になるのではないでしょうか。タイトルの「Curious George」の通り、ジョージは好奇心旺盛。風船で空を飛んでみたり、ラッパを吹き鳴らしたり......。そんな姿が生き生きと描かれているので、思わずじっくり絵を見てしまうし、文字も追ってしまう。これなら自然に楽しく英語が学べそうです。

私はアメリカで、英語を学ぶ日本人の子どもたちをたくさん見てきました。そこで思ったのは、「子どもが言語を習得する能力は、大人をはるかに上回る」ということ。「ネイティブの発音がコピー出来るのは8歳までの子どもだけなのよ」という意見も聞きました。早い段階でたくさん英語に触れて「英語楽しい、英語好き!」と思うことは、とても大切なのだと思います。

日本では英語教育の改革が行われます。早いうちから英語に触れさせようとするママは多いです。1歳7ヶ月になる私の娘も大変お気に入りで、毎日楽しそうにページをめくっています。子どもたちを魅了するジョージの絵本は、最初に贈る英語の絵本としてよろこばれるのではないでしょうか。

[Curious George's Big Book Of Curiosity]

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析