1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 心も肌も幸せそう。がんばりすぎてないのにいい感じの人の秘密

心も肌も幸せそう。がんばりすぎてないのにいい感じの人の秘密

田邉愛理

心も肌も幸せそう。がんばりすぎてないのにいい感じの人の秘密

仕事もプライベートも、人に頼られることが増えてきた30代。なんだか充実してるかも、とうれしく思う一方で、がんばりすぎて余裕を持てない日もあります。

理想は、いつもおおらかで「いい感じ」の人なのに......。どうすればそうなれるのか、毎日を振り返って考えてみました。

がんばっているのに空回り

20170320_elixir_2.jpg

たとえば、先日のわたしはこんな感じ。

朝バタバタと家を出て、メイクもなんだか決まらない。職場でも急な仕事が舞い込み、みんなのおしゃべりに笑う余裕もなく。にぎやかだなあ、とちょっぴりイライラして目を上げたら同僚と目があって、ぎこちない笑顔を返してしまった。

夕方、化粧室でふと鏡を見ると、かなりメイクがくずれている。「今までこんな顔で話してたんだ」と思うと恥ずかしくて、ランチ後に化粧直しする余裕がなかった自分が残念に思えてしまう......。

そんなときにうらやましく思うのは、いつも余裕があって、サクサク仕事をこなす同僚のこと。声をかけようとすると、すぐに気づいて振り返ってくれる、そんな彼女を見ていて気がつくことがありました。

幸せそうに見える肌へ

20170321_elixir_3.jpg

困ったことがあっても、同僚の顔を見るとほっとする。それは、振り返る彼女の目もとと口もとがいつも笑みを含んでいて、肌が明るく輝いているから。

彼女がいつもいい感じに見えるのは、もしかしてあの肌の輝きのせいなのかも......。人は一瞬で、いろいろなことを判断しているものだなあと感心してしまいます。

彼女の笑顔を見ていたら、頬の高い位置に明るい光が集まり、肌がつややかに、生き生きして見える気がしました。

肌が明るく華やぐこのチャームポイントが「つや玉。笑ったときに頬の高い位置につやっと光る「つや玉」があるだけで、より幸せそうに、より笑っているように見えるのです。

朝の工夫で、夕方もいい感じに

「つや玉」は、笑顔を浮かべたときに頬の高い位置にあらわれます。朝のメイク時に使うだけで、この「つや玉」をつくってくれるのが「エリクシール」の「朝の乳液」です。

20170320_elixir_4.jpg
左から:エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション W+Ⅱ(医薬部外品)美容乳液(日中用)SPF50+・PA++++、エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション C+(医薬部外品)美白美容乳液(日中用)SPF50+・PA++++

化粧水の後これ1本で、乳液、プロテクター、化粧下地の役割を果たしてくれます。朝塗るだけで日中の紫外線や乾燥などのダメージから肌を守り、夕方の肌に自信が持てる優秀アイテム。

素肌にかわって、さまざまなダメージからしっかりバリア。美容マスクのようなスキンケア効果で、夕方まで「つや玉」が輝く肌に。シミができる要因のひとつである紫外線B波はもちろん、ハリ低下の要因にもなる紫外線A波もブロックしてくれるのです。ハリをケアするタイプと、美白ケアもプラスしたタイプの2種類が用意されています。

20170320_elixir_5.jpg
左から:エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W Ⅱ(医薬部外品) 、エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W Ⅱ(医薬部外品)、エリクシール ホワイト クリアローション C Ⅱ(医薬部外品)、エリクシール ホワイト クリアエマルジョン C Ⅱ(医薬部外品)

みずみずしい「つや玉」を保つためには、毎日のお手入れだって大切。「エリクシール」の化粧水と乳液を使うことで、「つや玉」が毎日続く肌に。

肌に触れた瞬間にみずみずしくなじむ「エリクシール」独特の使い心地は、実際に手に取ってみると違いがわかります。ふわりとやさしいリラックス感のある香りに包まれて、毎日のお手入れが楽しくなるはず。

がんばらなくても「いい感じのわたし」に

20170321_elixir_6.jpg

エリクシール」でケアをすると、時間をかけずに「いい感じ」を保てるせいか、毎日の行動に余裕が出てきた気がします。

いまいち決まっていないメイクのまま誰かと話したり、鏡で自分の顔を見るたびに後ろめたさを感じたり。そんなモヤモヤはもう卒業。

ある日の夕方、窓に映る自分の頬には「つや玉」があって、肌は明るく輝いていました。「いい感じ」は思っていたより小さな工夫で叶えられるのかもしれません。

※美白化粧品は、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

エリクシール

撮影/網中健太 スタイリスト/林智子 ヘアメイク/齋藤有希子(SHISEIDO) モデル/北川リサ 文/田邉愛理

衣装協力/6枚目:スカート(キヌアブティック)、ほかスタイリスト私物

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5