1. Home
  2. STYLE
  3. 昆虫学者のアドバイスで持続力がパワーアップした最新版「虫よけアロマ」

昆虫学者のアドバイスで持続力がパワーアップした最新版「虫よけアロマ」

力武亜矢

昆虫学者のアドバイスで持続力がパワーアップした最新版「虫よけアロマ」

虫よけのことは虫を愛する人に聞け―。「なるほど、そのとおりだ」と思ったのは、いま日本でもっとも売れている天然アロマコスメブランド「パーフェクトポーション」のアウトドア用アロマスプレーがきっかけでした。

虫よけに最適な植物の存在が明らかに

パーフェクトポーションで1番人気の商品「アウトドアボディスプレー」は、発売から20年、ずっと同じ成分配合を守ってきました。それがここにきて、リニューアルしたとのこと。

その理由は、昆虫学者で国際的な昆虫駆除剤の専門家でもあるブライス・ピーター氏から、虫よけにもっとも効果的な植物の存在を知らされたからだそう。

虫よけパワーに長けている今年注目の植物とは

20170301_mushi2.jpg

パーフェクトポーションの代表サルバトーレ氏が、天然アウトドアスプレーの効果持続時間を増やすための方法を模索する過程でブライス氏に出会います。ブライス氏は自身の研究結果から、「ニアウリ」が効果持続時間の延長に効果的だとサルバトーレ氏にアドバイスしたそうです。

ニアウリとは、ニューカレドニアやオーストラリアに自生する常緑樹。水蒸気蒸留により採取したニアウリの精油は、のど飴やマウススプレー、うがい薬などにも使用されています。

効果の持続時間4倍という研究結果も

虫の嫌がる香りを天然成分にこだわってつくると効果が長続きせず、1スプレーで2時間程度が限界でした。ところがニアウリの精油を使用すると、約8時間も効果が持続することがわかったのです

実際にニアウリの精油を使用して持続実験をしたところ、スプレーしてから220分後でも香りは持続、効果も変わらないという結果が出たそうです。これを使わない手はないと、サルバトーレ氏は迷うことなく、リニューアルに踏み切りました。

そして誕生したのが、「アウトドアボディスプレー エクストラ」(50ml 650円、125ml 1,400円 ※2017年4月25日発売予定)。既存の「アウトドアボディスプレー」よりも効果の持続時間が20%、香りの濃さが40%アップ。虫から肌を守るためのスキンケア回数を大幅に減らせるようになりました。

虫よけの存在は虫にとってもフレンドリー

昆虫学者のアドバイスにより、これまで以上に虫よけに効果的な商品が生まれました。虫が人に寄り付かなくなることで、結果的には殺される虫の数が減ることが考えられます。昆虫学者が虫駆除の方法を伝えることも、人と虫が共存するためには必要です。そういう意味では「虫よけ方法の伝授」は、昆虫学者の虫への愛情表現のひとつかもしれません。

[パーフェクトポーション]

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    4. 肩・お尻・首が気持ちよく伸びる! 猫背改善にもいいポーズは?

    5. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    8. 太らないおでんの食べ方。具材6個で300kcal以下に抑えるコツ

    9. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    10. 白髪の原因はやっぱりストレスだった! 科学者が解明

    1. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    3. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    4. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    5. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    6. 若い人にも関係ある「高血圧・低血圧」。めまい、吐き気を感じたら...

    7. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 白髪の原因はやっぱりストレスだった! 科学者が解明

    10. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    6. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. 他人のセックス事情をのぞき見。6人に聞きました