1. Home
  2. EAT
  3. 春を楽しむために。「ハニーナッツ」でプロビタミンB5をチャージする

春を楽しむために。「ハニーナッツ」でプロビタミンB5をチャージする

春を楽しむために。「ハニーナッツ」でプロビタミンB5をチャージする

寒暖差や花粉、生活環境の変化によるストレスなどで、春は心も体も肌もゆらぎがち。そんなときまず見直すべきは、「食べること」。

そこでトップアスリートの栄養管理やボディメイクも手がけた、アンチエイジングとウェルネスのスペシャリスト管理栄養士の前田あきこさんに、春のゆらぎや不調を体の中から整える食材やアイディアを教えていただきました。

簡単おいしいハニーナッツのメリットは?

pantene01.jpg

「まず季節の変わり目のゆらぎ肌は、ほとんどが乾燥と自律神経やホルモンバランスの乱れが原因。ビタミンC不足、ノドや鼻の粘膜の荒れが引き金になることもあります」

前田さんによると、こうした春先のゆらぎや不調に、とっておきのスーパーフードがあるのだそう。それが2015年ごろから注目されている「ハニーナッツ」です

作り方はとても簡単で、好みのハチミツにナッツを漬け込むだけ。ハチミツの殺菌作用で保存もきくので、いつでも気軽に食べられます。

ただ、ナッツの種類が大切。ゆらぎ肌対策には、ヒマワリの種・ピーナッツ・蓮の実・ソバの実をブレンドするのがおすすめです」

よく口にするアーモンドやくるみとは、ちょっと違ったナッツたち。じつは、ある共通する成分が豊富に含まれているのです。

肌もストレスもケアする「プロビタミンB5」

pantene05.jpgその成分とは、プロビタミンB5(パンテノール)

「プロビタミンB5は、肌の修復力を活発にし、肌荒れや炎症・過敏症・かぶれなどから肌を守り、保湿力を高めてすべすべとしたなめらかさを保ってくれます。また、からだの内外のストレスケアにも関わる栄養素なんです」

プロビタミンB5は、抗ストレスの役割を担う臓器の「副腎皮質ホルモン」が正常に働くために不可欠な栄養素。さまざまな食品に含まれるため、一般的には不足しづらいといわれてきましたが、ストレスが多い現代社会では摂取よりも消費が上回るシーンが増えているのだとか。

「プロビタミンB5が不足すると、肌荒れや乾燥による小じわなど、血行不良や皮膚の修復力にまつわる症状が出て、見た目のエイジングが進んでしまいます

また、風邪をひきやすい、皮膚炎など肌がかぶれるなど、免疫力の低下にも影響があります。季節の変わり目に起こりうる、いろいろな負担を軽くしてくれるのがプロビタミンB5なんです」

カリカリ食感でストレス解消も

pantene02.jpg

美肌ケアとストレス対策を、一緒に叶えてくれるハニーナッツ。ナッツ類のなかでもヒマワリの種はプロビタミンB5を含む食材のトップクラスで、ピーナッツ・蓮の実・ソバの実がそれに続きます(ソバの実はアレルギーがある人は避けてください)。

「ナッツのカリカリとした食感は、ストレス解消にも役立ちます。噛むことは人間の満腹中枢と直接つながっていて、噛むだけで楽しさや幸せを感じることができるんです。いろいろなナッツを自分で選べることも、リフレッシュ効果があるんですよ」

いっぽうハチミツは、プロビタミンB5の元になる栄養素を含んでいます。ハチミツを食べれば、それが体内でプロビタミンB5に変わるのです。つまり、プロビタミンB5を食べて増やし、体のなかでも増やしてくれるのがハニーナッツというわけです。

ハニーナッツの上手な食べ方は?

pantene03.jpg

おすすめの食べ方は、午前や午後と残業中の間食でハニーナッツをそのまま食べること。プロビタミンB5は水溶性なので、4時間ほど経過すると体内から出てしまいます。小腹がすいたときや、気温が変わりストレスの増える夕方などの間食で補給することで、プロビタミンB5の恩恵をしっかり受け取ることができます。肌や髪の補修など、神経細胞の新陳代謝を促したい場合は、睡眠中に修復できるよう夕食後のデザートとして食べるのもよいとのこと。

「プロビタミンB5は、熱や水分に弱いので、調理工程が少なく、食材そのままに近い食べ方が理想的です。アルコールやカフェインと一緒に食べると吸収力が弱まるので注意してください」

プロビタミンB5(パンテノール)は、ストレスや肌荒れに良いだけでなく、紫外線への抵抗力を作ったり、白髪を防ぐ効果も研究されているとのこと。ヘアケアや目薬、UVケアなど、じつは多くの場面で利用され、注目される成分でもあります。

目で見て楽しく、食べて楽しく、肌と自律神経を整えてくれるハニーナッツは、まさに最強の「春のゆらぎ対策」フード。おいしく食べて、ストレスフリーな体と心になれるのなら、こんなにうれしいことはありません。

[P&G]

AkikoMaeda_prof.jpg前田あきこさん

管理栄養士・パーソナルコンディショニングコーチ・健康教育コンサルタント。「わかる、カラダ、かわる。」をテーマに、個人が元々持っているカラダの潜在機能を呼び醒ます健康教育コンサルタント。女性ライフクリニック新宿ではアンチエイジングや、ホルモンバランス等の改善カウンセリングも担当。認知行動療法を取り入れたカウンセリングで、女性のライフサイクルに基づき単に体重を減らすのではなく、新しい細胞を作り出す力をもった、快適で美しい身体づくりのための生活習慣改善の指導等も。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    春を楽しむために。「ハニーナッツ」でプロビタミンB5をチャージする

    FBからも最新情報をお届けします。