1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 寒い時期でも、いまドイツコスメで「ミント」が大人気の理由

寒い時期でも、いまドイツコスメで「ミント」が大人気の理由

キュンメルめぐみ

寒い時期でも、いまドイツコスメで「ミント」が大人気の理由

今年2017年の冬、ドラッグストアのあちこちに陳列された緑色の商品を見てふと気づくことがあります。それはドイツ市場における、いまのコスメの流行は「ミントの香り」だということです。

シャンプーも、ボデイソープも、全部ミント

清涼感・爽快感が売りのミント。香りが良いのはもちろん、洗い上がりもスッキリ。確かに気持ちは良いのですが、あまりにさっぱりしすぎて残り香が少ないので、あまり女性向きではない、とも思ってしまいます。ミントはメンズ用、といった印象が強いですが、汗ばむ夏ならまだしも、こんな肌寒い季節にミントの商品が増えたのはどうしたのでしょうか?

あたたかい季節に向けて、たくさんワークアウトをする人が増えたためともとれますが、やはり自然派志向がますます主流となり、ハーブの製品がからだに良さそうといったイメージからきているのかもしれません。とかくアメリカの大統領選後、トランプ氏の言動よりも、メラニアさんに注目を置くドイツメディア。「強いオンナ」の風貌を持つ彼女が、世の女性たちに少なからず影響を与えていることは間違いなさそうです(ちなみに今年の「ミス・Germanyコンテスト」優勝者はどことなくメラニアさんそっくり)。男性に負けない女性もかっこいい。女性のまとう香りも、徐々にジェンダーレスとなっていくのかもしれませんね。

やさしいミントの香りで癒される。キャンドル市場にもミントの人気がうかがえる

街を颯爽と行くイメージで

シソ科のミントには多くのアロマ効果が期待できます。リフレッシュできるのはもちろん、花粉症が風邪で鼻がつまるイライラを解消してくれるのだとか。消化器系のトラブルはもちろん、胸やけなどにも役立つのだそうです。

フランス・マルセイユ発の自然派サボン「カンパニードマルセイユ」には、シンプルだからこそ永く愛用できる石けん・ハンドソープなどをそろえており、もちろんミントを使ったシャワージェルやシャンプーなどの品ぞろえが豊富。品のある、男性も女性も使えるもので私も大好きです。これから一人暮らしを始める友人や、引っ越しする知り合いにプレゼントしてもよろこばれそう! また同じくさっぱりが好きな女性にはグレープフルーツなども人気。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

カンパニードマルセイユ

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析