1. Home
  2. EAT
  3. 腸活で出せる身体を作るには? #ポジティブ栄養学

腸活で出せる身体を作るには? #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

腸活で出せる身体を作るには? #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は、デトックスとお通じの関係について。

デトックスと切っても切り離せないのが腸

春の訪れもすぐそこ。梅の花が咲いているのを見かけると、なんだかうれしくなってきます。一方ではデトックスのシーズンともいわれ、冬の間にため込んだ毒素を排出するのに最適な時期。このとき、ぜひ意識しておきたいのが、お通じなんです。

デトックスというと汗をかくイメージが強いかもしれませんが、有害な物質を身体の外に捨てるのに、大きく関わっているのが肝臓と腸。毒素は油に溶ける性質を持つものが多く安定しているため、第1フェーズ、第2フェーズとステップを踏んで解毒を行っていきます。

第1フェーズでは毒素を水溶性の物質にし、第2フェーズでは分子とくっつけて無毒化させていきます。これが胆汁にのって腸に運ばれ、便と一緒に外に出されていきます

ここでお通じがよくなかったり、腸にトラブルを抱えていた場合、毒素が再吸収されてしまうことに......。とくに悪玉菌は、せっかく無毒化するためにくっつけた分子を外してしまったりすると考えられているので、再び毒素が活性化してしまい、腸から吸収されてしまうことに。また肝臓で無毒化を行わなければならなくなります。

野菜や海藻類、発酵食品など腸を元気にする食材を

解毒にはたくさんの栄養が使われるうえ、肝臓にも負担がかかりがち。そのため、しっかり出せる身体を目指したいなら、お通じをスッキリさせておくのが先決といえるでしょう。野菜や海藻類、発酵食品など、腸を元気にする食材をしっかりとって、春から"出せる身体"にしましょう!

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. パソコンの位置を変えれば、とたんに調子のいい体に!

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    5. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること