1. Home
  2. MIND
  3. じんわり心に染みわたる、ヨーガにまつわる84の言葉

じんわり心に染みわたる、ヨーガにまつわる84の言葉

3,021

飯島綾子

じんわり心に染みわたる、ヨーガにまつわる84の言葉

すてきな装丁が目をひく本、赤根彰子さんの著書『ことばのヨーガ』(アノニマ・スタジオ)。ヨーガにまつわる84サンスクリット語が1語ずつ丁寧にわかりやすく解説されています。

「言葉」で自分や世界とつながる

その言葉が

わたしを限りないものにする

その言葉によって

わたしは限りなく癒される。

(『ことばのヨーガ』P12より引用)

この本のポイントは、その言葉のイメージをシンプルに伝える四行詩もいっしょに添えられていること。パラパラとページをめくるだけでスッと言葉の意味が自分の内側に入りこみ、不思議と気持ちが静かになっていくような気がします。

ヨーガという言葉はもともと「つなぐ、つながる」という意味です。

言葉他者や外の世界と自分をつなぎ、また自分の内側にわいてきた気もちや思考とつながるツールです。言葉をあやつることそのものが広い意味でのヨーガの実践になるのだと思います。

私が個人的に気になった言葉を紹介します。

まずは「不貧(ふとん)」。サンスクリット語では「アパリグラハ」と呼び、「欲ばらないこと」を意味します。

ただ星を眺める。

ただ月を愛でる。

ただあるがままの自分でいる。

それが不貧。

(『ことばのヨーガ』P52より引用)

まさに「足るを知る」といったような意味の言葉で、自分にとって必要なものを理解し、そして必要以上のものはもたないこと。そのシンプルでミニマルな生き方にあこがれます。

そして「果報(かほう)」。サンスクリット語では「ヴィパーカ」で、「報い、結果」という意味です。

果報は寝て待て

と云うけれど

待つことすらやめて

ぐっすり眠る。

(『ことばのヨーガ』P132より引用)

良い結果や見返りを求めながらの行動は、結果によって自分の感情が左右されてしまい、報われなかった時のストレスにもつながっていきます。

良い結果(果報)というのは結局、外から与えられる一時的な幸福にしか過ぎず、真の心の平安とはまた別のもの。集中すべきは結果でなく行為なのだと教えてくれます。

贈りものとしても喜ばれそうな『ことばのヨーガ』。すこし小さめのサイズや角が丸みを帯びた形状、ナチュラルな紙質やカルディ・コーヒーファームのビジュアルで有名な井上リエさんのイラストなど、本の内容だけでなく装丁へのこだわりも感じられます。お守りがわりに手元に置いて、ふとした時にパラパラとめくりたくなる一冊です。

ことばのヨーガ

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら