1. Home
  2. EAT
  3. いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

もっと自分を甘やかそう

國本さくら

いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

そろそろ花粉が気になる季節。先日友人との食事の際に鼻がぐしゅぐしゅしていたのですが、前菜に出てきたクレソンのサラダを食べているうちにどんどん鼻通りが良くなりました。

「最強の野菜」クレソン

不思議に思い調べてみるとクレソンは"最強の野菜"といわれるほどに栄養価が高く、『からだにおいしい野菜の便利帳』(板木利隆(監修)・高橋書店)によると、原産地であるヨーロッパでは、古くから野生のクレソンを薬用として利用しており、カロテン、ビタミンC、B群などのビタミン類、カルシウム、鉄、リンなどのミネラル類が豊富で、血液の酸化防止や赤血球の生成、貧血予防効果があるそうです。

ビタミンやミネラルが豊富なので、季節の変わり目には心強い野菜です。クレソンの旬は3〜5月と、まさにこれからが食べ頃。いつもはお肉の隣にちょこっと添えられている存在のクレソンをたくさん食べられるレシピを3つご紹介します。

ささっとできるクレソンサラダ

20170220_cress1.jpg

<材料>

・クレソン

・ミニトマト

・ちりめんじゃこ(ごま油でカリカリに炒める)

・ごま油

・ぽん酢

・いりごま

<作り方>

1. 水洗いしたクレソンの水をよくきって、2〜3cm幅に切り

2. ボウルに入れてごま油・ぽん酢・いりごまで和える。お皿に盛りミニトマト・ちりめんじゃこを散らします。

巻くだけ簡単、おつまみクレソン

20170220_cress2.jpg

<材料>

・クレソン

・生ハム

・オリーブ油

・黒こしょう

<作り方>

1. クレソンを適当な長さに切って生ハムで巻く。

2. 仕上げにオリーブ油を垂らして黒こしょうをかける。

ごま油が香ばしいナムル

20170220_cress3.jpg

<材料>

・クレソン

・ごま油

・塩

・こしょう

お好みで

・のり

・松の実

<作り方>

1. ゆでたクレソンを適当な長さに切る。

2. あらかじめボウルにごま油・塩・こしょうを混ぜておき、十分に水気を切ったクレソンを入れてよく混ぜる。

3. お好みでのりや松の実を合わせてみても。

手軽にできるおいしいクレソンレシピは、鼻や喉がつらいこの時期の力強い味方になってくれそうです。

[『からだにおいしい野菜の便利帳』]

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?