1. Home
  2. EAT
  3. いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

もっと自分を甘やかそう

いまが食べ頃、最強の野菜クレソンが主役の快活レシピ3選

そろそろ花粉が気になる季節。先日友人との食事の際に鼻がぐしゅぐしゅしていたのですが、前菜に出てきたクレソンのサラダを食べているうちにどんどん鼻通りが良くなりました。

「最強の野菜」クレソン

不思議に思い調べてみるとクレソンは"最強の野菜"といわれるほどに栄養価が高く、『からだにおいしい野菜の便利帳』(板木利隆(監修)・高橋書店)によると、原産地であるヨーロッパでは、古くから野生のクレソンを薬用として利用しており、カロテン、ビタミンC、B群などのビタミン類、カルシウム、鉄、リンなどのミネラル類が豊富で、血液の酸化防止や赤血球の生成、貧血予防効果があるそうです。

ビタミンやミネラルが豊富なので、季節の変わり目には心強い野菜です。クレソンの旬は3〜5月と、まさにこれからが食べ頃。いつもはお肉の隣にちょこっと添えられている存在のクレソンをたくさん食べられるレシピを3つご紹介します。

ささっとできるクレソンサラダ

20170220_cress1.jpg

<材料>

・クレソン

・ミニトマト

・ちりめんじゃこ(ごま油でカリカリに炒める)

・ごま油

・ぽん酢

・いりごま

<作り方>

1. 水洗いしたクレソンの水をよくきって、2〜3cm幅に切り

2. ボウルに入れてごま油・ぽん酢・いりごまで和える。お皿に盛りミニトマト・ちりめんじゃこを散らします。

巻くだけ簡単、おつまみクレソン

20170220_cress2.jpg

<材料>

・クレソン

・生ハム

・オリーブ油

・黒こしょう

<作り方>

1. クレソンを適当な長さに切って生ハムで巻く。

2. 仕上げにオリーブ油を垂らして黒こしょうをかける。

ごま油が香ばしいナムル

20170220_cress3.jpg

<材料>

・クレソン

・ごま油

・塩

・こしょう

お好みで

・のり

・松の実

<作り方>

1. ゆでたクレソンを適当な長さに切る。

2. あらかじめボウルにごま油・塩・こしょうを混ぜておき、十分に水気を切ったクレソンを入れてよく混ぜる。

3. お好みでのりや松の実を合わせてみても。

手軽にできるおいしいクレソンレシピは、鼻や喉がつらいこの時期の力強い味方になってくれそうです。

[『からだにおいしい野菜の便利帳』]

image via Shutterstock

國本さくら

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン