1. Home
  2. BODY
  3. 新しい週を元気に迎えるヒント【簡単ストレッチ編】 #まとめ

新しい週を元気に迎えるヒント【簡単ストレッチ編】 #まとめ

もっと自分を甘やかそう

新しい週を元気に迎えるヒント【簡単ストレッチ編】 #まとめ

1週間でたまった疲れは、その週のうちに解消したい! 今回は新しい週をすっきりと迎えるためのヒントとして、からだをほぐすストレッチ法を集めてみました。

隙間時間にできる「簡単ストレッチ」

からだと自律神経を整えてくれるストレッチをご紹介。「つま先立ちの上げ下げを繰り返す」「頭上で手を組んで左右に倒す」といった簡単なものなので、隙間時間に気軽に試せそうです。>>『心も体もよい状態にシフトできる。自律神経の調整方法(ストレッチ編)

からだをゆるめる「骨ストレッチ」

高いパフォーマンスを発揮するためには、からだがゆるんでいることが大切です。からだが固くなっているのを感じたら、通常のストレッチに「骨を押さえる」という動作を加えてみましょう。>>『体をゆるめるストレッチ、整えるコツは骨にあり

目覚めすっきり「朝のストレッチ」

朝の目覚めが悪いと感じたら取り入れたいのが、起きてすぐ行うストレッチ。「バナナの伸び」「猫の伸び」「アップドッグ」の3つの伸びが、からだの筋肉をほぐし血流を良くしてくれます。>>『起きたらまず伸びる。3つのストレッチで目覚めすっきり

からだをほぐす「バレエエクササイズ」

デスクワークやスマホの使いすぎによる肩こりや腰痛は、バレエエクササイズで解決しましょう。固く縮こまっていたからだもほぐれ、からだだけでなく心まですっきり!>>『デスクワークの背中の痛みをやわらげる、バレエエクササイズ

新しい週を100%の状態で迎えるためにも、1週間頑張った自分のからだに「ごくろうさま」と声をかけてあげたいなと思っています。

image via shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    新しい週を元気に迎えるヒント【簡単ストレッチ編】 #まとめ

    FBからも最新情報をお届けします。