MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. 女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

寒さで猫背になってしまいがちなこの時期、体が縮こまると心まで縮こまってしまいそう。少しだけ肩の力を抜いて胸を開けば、気持ちにもゆとりが生まれてくるはずです。

シャンプーやボディーソープだけでなく、さまざまなコスメに使用されているバラ。その香りは気持ちを穏やかにしてくれるだけでなく、女っぷりもあげてくれそうな予感がします。

心も体もほぐすバラの香り

ドイツの薬局では手軽に買えるローズウォーター。厳選されたバラの花びらだけを使用、エキスを抽出・精製したものです。健康効果の高いローズウォーターは、アーユルベーダにもよく登場します。自律神経を安定させてくれることはもとより、特に更年期の「ホットフラッシュ」を和らげる効果があるとして、例えばデザートやカクテルに振りかけたり、あるいはグラス一杯の水や紅茶に、小さじ1~2杯のローズウォーターを混ぜて飲むことなどが推められています。また、頭痛があるとき、冷たいミニタオルにローズウォーターを振りかけると、その香りにより痛みが和らぐのだとか。

トラブル肌を落ち着かせる自然の恵み

オーガニック製品の効果について紹介する「オーガニック・オーソリティ」によると、バラは多くの美容効果を持つのだそう。たとえば炎症鎮静効果があるため、ニキビケアに良いのだとか。また毛穴を引き締めてくれる効果も併せ持つといいますから、インドやイランの女性たちのなかには洗顔後の化粧水替わりに使う人もいるのだそうです。

さらに、化粧をした後や出かける前に顔に軽くスプレーで振りかければ、汗などでメイクが崩れるのを防ぐ役割もしてくれるとか。小さなスプレーを常時持ち歩いてもいいですね。赤ら顔に悩む人は、バラの花びら8枚を大さじ3~4の水に2~3時間浸したのちに水の中でつぶし、大さじ3杯のはちみつを加えたパックがおすすめ。15~30分顔に乗せた後に洗い流せば、肌がしっとりと落ち着きます。日焼け後のクールダウンにもなるようです。

日本国内でも数々のローズウォ―ターが販売されているようですが、質の良いものを選び、さまざまな生活シーンで利用してみてはいかがでしょうか。

[オーガニック・オーソリティ]

image via shutterstock

Writing byキュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

    FBからも最新情報をお届けします。