1. Home
  2. BODY
  3. 女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

キュンメルめぐみ

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

寒さで猫背になってしまいがちなこの時期、体が縮こまると心まで縮こまってしまいそう。少しだけ肩の力を抜いて胸を開けば、気持ちにもゆとりが生まれてくるはずです。

シャンプーやボディーソープだけでなく、さまざまなコスメに使用されているバラ。その香りは気持ちを穏やかにしてくれるだけでなく、女っぷりもあげてくれそうな予感がします。

心も体もほぐすバラの香り

ドイツの薬局では手軽に買えるローズウォーター。厳選されたバラの花びらだけを使用、エキスを抽出・精製したものです。健康効果の高いローズウォーターは、アーユルベーダにもよく登場します。自律神経を安定させてくれることはもとより、特に更年期の「ホットフラッシュ」を和らげる効果があるとして、例えばデザートやカクテルに振りかけたり、あるいはグラス一杯の水や紅茶に、小さじ1~2杯のローズウォーターを混ぜて飲むことなどが推められています。また、頭痛があるとき、冷たいミニタオルにローズウォーターを振りかけると、その香りにより痛みが和らぐのだとか。

トラブル肌を落ち着かせる自然の恵み

オーガニック製品の効果について紹介する「オーガニック・オーソリティ」によると、バラは多くの美容効果を持つのだそう。たとえば炎症鎮静効果があるため、ニキビケアに良いのだとか。また毛穴を引き締めてくれる効果も併せ持つといいますから、インドやイランの女性たちのなかには洗顔後の化粧水替わりに使う人もいるのだそうです。

さらに、化粧をした後や出かける前に顔に軽くスプレーで振りかければ、汗などでメイクが崩れるのを防ぐ役割もしてくれるとか。小さなスプレーを常時持ち歩いてもいいですね。赤ら顔に悩む人は、バラの花びら8枚を大さじ3~4の水に2~3時間浸したのちに水の中でつぶし、大さじ3杯のはちみつを加えたパックがおすすめ。15~30分顔に乗せた後に洗い流せば、肌がしっとりと落ち着きます。日焼け後のクールダウンにもなるようです。

日本国内でも数々のローズウォ―ターが販売されているようですが、質の良いものを選び、さまざまな生活シーンで利用してみてはいかがでしょうか。

[オーガニック・オーソリティ]

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?