1. Home
  2. BODY
  3. 女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

寒さで猫背になってしまいがちなこの時期、体が縮こまると心まで縮こまってしまいそう。少しだけ肩の力を抜いて胸を開けば、気持ちにもゆとりが生まれてくるはずです。

シャンプーやボディーソープだけでなく、さまざまなコスメに使用されているバラ。その香りは気持ちを穏やかにしてくれるだけでなく、女っぷりもあげてくれそうな予感がします。

心も体もほぐすバラの香り

ドイツの薬局では手軽に買えるローズウォーター。厳選されたバラの花びらだけを使用、エキスを抽出・精製したものです。健康効果の高いローズウォーターは、アーユルベーダにもよく登場します。自律神経を安定させてくれることはもとより、特に更年期の「ホットフラッシュ」を和らげる効果があるとして、例えばデザートやカクテルに振りかけたり、あるいはグラス一杯の水や紅茶に、小さじ1~2杯のローズウォーターを混ぜて飲むことなどが推められています。また、頭痛があるとき、冷たいミニタオルにローズウォーターを振りかけると、その香りにより痛みが和らぐのだとか。

トラブル肌を落ち着かせる自然の恵み

オーガニック製品の効果について紹介する「オーガニック・オーソリティ」によると、バラは多くの美容効果を持つのだそう。たとえば炎症鎮静効果があるため、ニキビケアに良いのだとか。また毛穴を引き締めてくれる効果も併せ持つといいますから、インドやイランの女性たちのなかには洗顔後の化粧水替わりに使う人もいるのだそうです。

さらに、化粧をした後や出かける前に顔に軽くスプレーで振りかければ、汗などでメイクが崩れるのを防ぐ役割もしてくれるとか。小さなスプレーを常時持ち歩いてもいいですね。赤ら顔に悩む人は、バラの花びら8枚を大さじ3~4の水に2~3時間浸したのちに水の中でつぶし、大さじ3杯のはちみつを加えたパックがおすすめ。15~30分顔に乗せた後に洗い流せば、肌がしっとりと落ち着きます。日焼け後のクールダウンにもなるようです。

日本国内でも数々のローズウォ―ターが販売されているようですが、質の良いものを選び、さまざまな生活シーンで利用してみてはいかがでしょうか。

[オーガニック・オーソリティ]

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    3. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    4. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    5. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    6. 肺がんにならないために、今日からできること10

    7. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    8. 忙しいときこそ心を鎮めて。怒りをコントロールする方法

    9. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    3. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    9. りんご酢の隠れたダイエットパワー3つ。ぽっこりお腹や脂肪燃焼に

    10. 今夜は、はだかで寝たほうがいい。その驚きの理由とは?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    女性らしさをチャージする。ローズウォーターの効果的な使い方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More