1. Home
  2. HEALTH
  3. 乳酸菌たっぷり腸内環境を整えてくれる、ドイツの「飲むパン」って?

乳酸菌たっぷり腸内環境を整えてくれる、ドイツの「飲むパン」って?

1,999

キュンメルめぐみ

乳酸菌たっぷり腸内環境を整えてくれる、ドイツの「飲むパン」って?

美容にはかかせない腸内のメンテナンス。乳酸菌がとても大きな役割を果たすことはよく知られていますが、「生きたままの」乳酸菌を摂れるものとしてドイツで重宝されているのが「ブロート・トルンク」。飲むパンと言われている、ビューティー・ドリンクなんです。

酸っぱい・さっぱりで快腸生活

このブロート・トルンクはどこのスーパーや薬局でもお目にかかるもの。見た目は緑茶のような、うすい黄緑色をしています。味はといえばところてんの汁のような酸っぱい味をしていて、正直とってもおいしい! とは言い難いもの。けれどこの奥深い酸っぱさが結構クセになってしまい、スープにしたりソースとして活用したりと、さまざまな工夫をこらすだけでおいしくいただけます

通常の飲み方としては、3度の食事前に、それぞれグラス一杯(150ml)をいただきます。食べ過ぎてしまったり、お腹の調子がすぐれない時だけの応急処置として口にする人も。口にした食べ物によりニキビができてしまったり、アレルギー反応が見えた場合、腸内環境をまた元通りに元気にしてくれる、いわゆる「腸のデトックス」として飲んでいる人が多いようです。

このドリンクを飲むと腸内の乳酸菌が増え(1mlにつき5億の乳酸菌)、消化が促される効果があります。ビタミン類(特にビタミンB12とビタミンK)が豊富であること、また13種類のアミノ酸が含まれていること、さらにヘモグロビン値をあげ、アトピー性皮膚炎にも効果をあげることがわかっていることから、酸っぱすぎて飲みづらいザウワークラウトの汁にとってかわるものとしても注目を浴びてきています。

お手本はロシアからやってきた栄養ドリンク

このドリンクの材料は、もっちり・どっしりした、酸味が特徴であるライ麦殻粒100%の「フォルコーン」と呼ばれるパンからできています。このようなパンを発酵させ、水や塩、スパイスなどを混ぜたアルコール飲料をロシアでは古くから栄養ドリンクとして飲んでいたという歴史があるようです。

ロシアにて戦争に敗れ、このドリンクを飲み与えられたドイツ人兵士の体の免疫力が非常に強かったことから、ドイツでも同じようなものを作ろうと長く試みがなされていたのだとか。1981年になり、パン屋のマイスターであったヴィルヘルム・カネ氏がはじめてノンアルコールの栄養ドリンク開発に成功し、今に至ります。

現在ではセラピーとしても使用されるこのドリンク。子ども向けにはリンゴ果汁や桃の果汁を1:1で割って飲むとおいしくいただけるとされていて、その効果は日々研究されており、大変興味深いです。

パンの国からやってきたこのビューティードリンク。日本でもいつか、お目見えするでしょうか。

Gesundheitswissen

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら