1. Home
  2. EAT
  3. ごはんに乗せるだけ、簡単おいしい元気が出る「おくすり飯」の作り方

ごはんに乗せるだけ、簡単おいしい元気が出る「おくすり飯」の作り方

もっと自分を甘やかそう

3,373

松崎桃子

ごはんに乗せるだけ、簡単おいしい元気が出る「おくすり飯」の作り方

風邪をひいたわけではないけど、なんだかだるくて無気力なんて日もあります。そんなときにはしっかり食べて、パワーチャージすることが大切です。

ごはんにのっけるだけ! 究極のズボラ飯

20170215_gohan6.jpg

フードコーディネーターで国際中医薬膳師の大友 育美さんの新書「おくすり飯114」(ワニブックス)には、食べるほどに元気になる究極のズボラ飯が114品紹介されています。どれも冷蔵庫に入っている食材で1人分から手軽に作れますし、時間もかからないので忙しい人にもぴったり。おかずをのせるだけなので、お料理が苦手な人でも簡単においしく作ることができます。

体調に合わせて選べる。おくすり飯のレシピ

体を温める」「デトックス」「消化を助ける」「体をうるおす」「心に効く」など薬膳の効能で8つに分類された「おくすり飯」。今回は、その中から3品をご紹介します。

「エネルギーを補う」おくすり飯

<豆苗の梅オイスター飯>

20170215_gohan1.jpg

材料(1膳分)

ごはん:茶碗1膳

豆苗:1/2パック

A

梅肉、オイスターソース:各小さじ1

黒ごま:適宜

作り方

1. 豆苗は根元を切り落とし、長さを3等分に切る。

2. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、1を加えてあえ、ごはんをのせる。

豆苗は新陳代謝が落ちる時期に特にいい食材。オイスターソースはストレス、過労による疲れ回復に。

(「おくすり飯114」P32より)

「巡りをよくする」おくすり飯

<よだれ豚風飯>

20170215_gohan2.jpg

材料(1膳分)

ごはん:茶碗1膳

にら:2本

豚切り落とし肉:80g

A

白ごま:小さじ2

しょうゆ、酢、ラー油:各小さじ1

作り方

1. にらは小口切りにしてボウルに入れ、Aと混ぜ合わせる。

2. 鍋に湯を沸かし、豚肉の色が変わるまでゆでてざるにあげる。

3. ごはんに2をのせ、1をかける。

にらと酢は血を巡らせ、老廃物がたまってできる黒にきびを改善。豚肉は肌にうるおいを与えます。美肌のための1膳。

(「おくすり飯114」P42より)

「熱を冷ます」おくすり飯

<アボカドのさっと煮飯>

20170215_gohan3.jpg

材料(1膳分)

ごはん:茶碗1膳

アボカド:1/2個

油揚げ:1/2枚

A

しょうゆ(あれば薄口)

みりん:各小さじ1

だし:100ml

作り方

1. アボカドはスプーンで一口大にすくう。油揚げはキッチンペーパーにはさんで油をとり、縦半分に切ってから2cm幅に切る。

2. 鍋に油揚げ、Aを入れて火にかけ、沸騰したらアボカドを加えて火を弱め、2分煮て、ごはんにのせる。

アボカドは熱を冷まし、目の充血、ドライアイ、顔の赤みを改善。油揚げは胃腸の機能を高め、体をうるおす効果があります。

(「おくすり飯114」P94より)

特別な材料や調味料も必要ないのにおいしく出来上がる『おくすり飯114』。食べ終われば、身体も元気になるはず。しっかり食べて、治して、不調知らずを目指したいですね。

[おくすり飯114]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?