1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. パサつき、ゴワつきが気になったら、ヘアブラシを木製に変えてみて

パサつき、ゴワつきが気になったら、ヘアブラシを木製に変えてみて

片岡理森

パサつき、ゴワつきが気になったら、ヘアブラシを木製に変えてみて

乾燥やダメージで痛んだ髪のケアには、毎日使うヘアブラシをワンランクUPさせるのも効果的。表面を整えるだけじゃなく、髪や頭皮の汚れを落とし、血行も良くしてくれるこだわりのブラシをピックアップしました。

最初のブラッシングに最適

Elfina

Elfina / 1,699円(税込)

持ち手だけでなくピンにも天然ウッドが使われているヘアブラシ。クッション部分に弾力性があるデザインを採用して、使い心地は意外にソフト。目が粗く、頭皮に適度な刺激を与えるので、ブラッシングの最初に使うのに最適。

>>このヘアブラシが欲しい

使い心地のいいトリネコの木

TEK

TEK / 3,564円(税込)

イタリアの職人が一つひとつ手作りしたヘアブラシ。木製ピンは先端が丸く磨かれ滑らかになっているので、とにかく頭皮に優しく、ブラッシングにより枝毛・切れ毛から髪を守ります。

>>このヘアブラシが欲しい

ブロードライの負担も緩和

アヴェダ

アヴェダ / 3,400円(税込)

頭皮に刺激を与え、マッサージ効果を高めるパドルブラシ。適度なクッション性で、スタイリング時の髪や頭皮に負担がかからないのがうれしい。

>>このヘアブラシが欲しい

イノシシ毛を使った高級仕様

レデッカー

レデッカー / 3,380円(税込)

ドイツの老舗メーカーのブラシ。独特の木目が美しい本体に、高価なイノシシ毛を使用。髪にツヤとまとまりを与え、静電気を抑制し、大切な髪を守ります。

>>このヘアブラシが欲しい

竹から生まれたブラシ

Orienex

Orienex / 1,480円(税込)

本体とピンに変形しにくい竹を使ったブラシ。竹に含まれる天然油分が頭皮の油分になじみ、使いこむほどに自然なツヤとしなやかさを与えてくれます。髪がやせてしまった方にも優しいヘアブラシ。

>>このヘアブラシが欲しい

乾いた空気や紫外線、ストレスなど環境の変化に敏感に反応する髪。 天然素材のブラシなら、優しくてマッサージ効果も高いので、土台となる頭皮も柔らかく保つことができそう。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由