ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

最近、ドキドキワクワクしたのは、いつですか?

たとえば、スーパーで初物の野菜を見つけて、これからやって来る季節が楽しみになったり。デパートで新しいデザインの靴と出会って、これをはいてどこへ行こうかな? と思いをめぐらせてみたり。気になるあの人と廊下ですれ違って、心の中で小さくガッツポーズしたり。

楽しく生きるにはときめきがすべて

そんなちょっとした出来事でも、女性にとって、ドキドキワクワクする気持ちは大切です。そうしたときめきを持ち続ければ、いくつになっても、心がうるおう毎日をすごせるようになるはず。その証拠に、私の70歳をすぎた母は、外見はどう見ても50代で、若々しいといわれます。秘密は、母がいまも一途にペ・ヨンジュンファンなこと。娘の私がプレゼントしたヨン様ポスターを寝室に飾り、毎晩寝る前に、「ヨン様、おやすみなさい」とあいさつをしているのです。「毎日楽しく生きるには、ときめきがすべて!」と力説する母ですが、同じ女性として共感できる部分があるのです。

欲求五段階説にそって「乙女心」回復を目指す

こうしたドキドキワクワクする気持ちを、ずっと持ち続けたい。いつまでも乙女のように、心躍る日々をすごしてみたい。そんな思いを込めて、これを「乙女心」と名付けてみました。もし「乙女心」を忘れているなと思ったら、心理学者・マズロー博士の欲求五段階説にそって、段階的に「乙女心」を回復させる習慣を試してみることをおすすめします。

アメリカの心理学者・A.H.マズロー博士(1908~1970)は、「人間は自己実現に向けて、ずっと成長し続けるものだ」とし、「欲求五段階説」を唱えました。「人間の欲求は、ピラミッド型の5段階に分かれていて、低い部分の欲求が満たされると、次の段階の欲求を満たそうとする」というものです。

一番下の部分にある欲求(第一段階)は、「生理的欲求」。いわゆる本能と置きかえてもいいもので、食欲、睡眠、性欲などの欲求を指します。

根本的な欲求を自分自身で満たしていく

近頃ドキドキワクワクが減った気がする場合は、まずは生きる上で必要な、根本的な欲求を、自分自身で満たすところからはじめてみましょう。自分で自分の心の声をよく聞いて、自分をおもてなしするのです。そのためには、ひとりになって、ひとりだけの時間を作るのが大前提です。

たとえば......

・ホテルにひとりで宿泊して、こもる
・目覚まし時計をかけずに寝る
・好きなだけ夜更かしして、寝落ちする
・いつもカロリーを気にして避けているとんかつを食べる
・食べたかったスイーツを買い込んで、好きなドリンクといっしょに味わう

こうした簡単なことからでも、本能を取り戻すのは、生物にはとても大事な行為。本能が満たされれば、おのずと野生の勘も働くようになるので、きっとすぐにドキドキワクワクを感じられるようになるでしょう。

いままでとは、違う自分を見つける第一歩として「乙女心回復計画」にトライしてみませんか? ときめきを取り戻すアイディア、これから数回にわけて探っていきたいと思います。

image via shutterstock

あわせて読みたい

ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。