1. Home
  2. MIND
  3. ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

3,162

松下りゆ

ときめきが足りない大人たちへ。ドキドキワクワクを取り戻すヒント【生理的欲求編】 #乙女心回復計画

最近、ドキドキワクワクしたのは、いつですか?

たとえば、スーパーで初物の野菜を見つけて、これからやって来る季節が楽しみになったり。デパートで新しいデザインの靴と出会って、これをはいてどこへ行こうかな? と思いをめぐらせてみたり。気になるあの人と廊下ですれ違って、心の中で小さくガッツポーズしたり。

楽しく生きるにはときめきがすべて

そんなちょっとした出来事でも、女性にとって、ドキドキワクワクする気持ちは大切です。そうしたときめきを持ち続ければ、いくつになっても、心がうるおう毎日をすごせるようになるはず。その証拠に、私の70歳をすぎた母は、外見はどう見ても50代で、若々しいといわれます。秘密は、母がいまも一途にペ・ヨンジュンファンなこと。娘の私がプレゼントしたヨン様ポスターを寝室に飾り、毎晩寝る前に、「ヨン様、おやすみなさい」とあいさつをしているのです。「毎日楽しく生きるには、ときめきがすべて!」と力説する母ですが、同じ女性として共感できる部分があるのです。

欲求五段階説にそって「乙女心」回復を目指す

こうしたドキドキワクワクする気持ちを、ずっと持ち続けたい。いつまでも乙女のように、心躍る日々をすごしてみたい。そんな思いを込めて、これを「乙女心」と名付けてみました。もし「乙女心」を忘れているなと思ったら、心理学者・マズロー博士の欲求五段階説にそって、段階的に「乙女心」を回復させる習慣を試してみることをおすすめします。

アメリカの心理学者・A.H.マズロー博士(1908~1970)は、「人間は自己実現に向けて、ずっと成長し続けるものだ」とし、「欲求五段階説」を唱えました。「人間の欲求は、ピラミッド型の5段階に分かれていて、低い部分の欲求が満たされると、次の段階の欲求を満たそうとする」というものです。

一番下の部分にある欲求(第一段階)は、「生理的欲求」。いわゆる本能と置きかえてもいいもので、食欲、睡眠、性欲などの欲求を指します。

根本的な欲求を自分自身で満たしていく

近頃ドキドキワクワクが減った気がする場合は、まずは生きる上で必要な、根本的な欲求を、自分自身で満たすところからはじめてみましょう。自分で自分の心の声をよく聞いて、自分をおもてなしするのです。そのためには、ひとりになって、ひとりだけの時間を作るのが大前提です。

たとえば......

・ホテルにひとりで宿泊して、こもる・目覚まし時計をかけずに寝る・好きなだけ夜更かしして、寝落ちする・いつもカロリーを気にして避けているとんかつを食べる・食べたかったスイーツを買い込んで、好きなドリンクといっしょに味わう

こうした簡単なことからでも、本能を取り戻すのは、生物にはとても大事な行為。本能が満たされれば、おのずと野生の勘も働くようになるので、きっとすぐにドキドキワクワクを感じられるようになるでしょう。

いままでとは、違う自分を見つける第一歩として「乙女心回復計画」にトライしてみませんか? ときめきを取り戻すアイディア、これから数回にわけて探っていきたいと思います。

>>「乙女心回復計画」#2(安全編)を読む

>>「乙女心回復計画」#3(恋愛・前編)を読む

>>「乙女心回復計画」#4(恋愛・後編)を読む

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由