MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. ヘコんだ心を膨らます、5つの体の動かし方

ヘコんだ心を膨らます、5つの体の動かし方

ヘコんだ心を膨らます、5つの体の動かし方

私はふだんポジティブな方なのですが、最近、落ち込むことがありました。

全力で挑んだことなので悔いは無いのですが、自信があった分、反動が大きくてしばらく尾を引いてます。また新たな目標を立てて進むだけだ! と自分を鼓舞してもどこかむなしくて、まるで、目の前に大きな壁が立ちはだかったように、なんとも息苦しい気分。

早く切り替えないと周りにまで迷惑がかかりそうだと思っていたところ、「気分の落ち込みと戦いたいなら、重力と戦わなければ」という興味深い言葉に目が止まりました。

落ち込んだときに効果的な5つの動作

心理学者であり、心療内科医でもあるCarlos教授は、ご自身が憂鬱な気分のときに実践している動作があるそうです。

1. つま先立ちで歩く気分が落ち込んでいるときや、落ち込み始めているときは、つま先立ちで歩く。体を持ち上げるという動作が、落ち込んでいるという状態に意識的に対抗することになる。

2. ジャンピング・ジャックを数回行うつま先立ちと同様に、ジャンピング・ジャック(挙手躍動運動)をすることで上に上がることができることと、全身を動かして血液の停滞状態に対抗する。さらに、運動することによって気分を良くしてくれる脳内物質のエンドルフィン(内因性モルヒネ)を放出させる。

3. 胸を張る悲しいときや気分が落ち込んでいるときは、胸廓を閉じて「心(感情)」を守ろうとします。こういうときは、まっすぐに立ち、良い姿勢を作って胸を張る。マイナスの感情に陥っている状況のときこそ、誇りを感じているときの姿勢を取るのが有効。

4. 両腕を頭上に挙げる人は悲しいときや落ち込んだとき、両腕が下がり、体の両脇や胴体から離れません。つま先立ちの理由と同様に、勝利したときのように、両腕を挙げる

5. あごを上げて微笑む前屈みになっているとき、あごは下がり、眉を寄せているか、もしくは悲しい表情をしています。胸廓を開きながら、あごを上げます。そして、たとえそういう気分でなくても微笑む。そうすることで、顔の筋肉が作用し、筋肉が体内記憶に働きかけることで、脳がエンドルフィン産生を促します

たしかに最近、下を向くことが多かったかもしれない。落ち込んだ気持ちが重力に引き寄せられているのだと仮定したこの対処療法、やってみる価値はありそう。それに、お医者さんが落ち込んだとき、両手を上げてジャンプして元気を出そうとしている......その姿を想像しただけで顔がニヤけるくらいには、すでに回復してるみたいです。

今日は風が強くて体を縮めて歩いてましたが、この内容を思い出して無理やり上を向いてみたら抜けるような青空で、自然と笑顔になれました。

image via shutterstock

ライフハッカー(日本版)

Writing by片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    ヘコんだ心を膨らます、5つの体の動かし方

    FBからも最新情報をお届けします。