1. Home
  2. EAT
  3. 低糖質ココナッツバターで作るホワイトチョコレシピ #ポジティブ栄養学

低糖質ココナッツバターで作るホワイトチョコレシピ #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

低糖質ココナッツバターで作るホワイトチョコレシピ #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は、バレンタインシーズンにぴったりのヘルシースイーツについて

ココナッツバターで作るホワイトチョコもどき

もうすぐバレンタインデー。お店のショーケースには宝石のように美しいチョコレートがならび、うっとりしてしまいますよね。贈り物にと思いつつ、自分の分まで買ってしまった、という経験があるのは私だけではないはず。とはいえ、おいしさのあまり食べ過ぎてしまい後悔してしまうことも......。

そこで最近教えてもらったのが、ココナッツバターを使ったホワイトチョコもどき、といえるものです。

作り方は簡単。ココナッツバターを製氷器などに入れて冷やすだけです。アーモンドやくるみをトッピングすれば食べごたえも十分。ドライフルーツを加えてもおいしそうです。

血糖値を上げにくいのが魅力

砂糖類を加えていないので低糖質ですし、燃焼しやすい脂肪・中鎖脂肪酸もたっぷり。さらにココナッツバターはオイルと違い、果肉ごと使ったホールフードであるため、食物繊維やタンパク質なども含んでいるのもうれしいところ。これなら、小腹がすいたときにつまんでもいいですね。

今年のバレンタインは、本格チョコレートを味わいつつ「もっと食べたいな」と思ったら、このチョコ風スイーツにスイッチ。食べたい気持ちを満たしつつ、イベントを楽しみたいと思います。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    低糖質ココナッツバターで作るホワイトチョコレシピ #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。