朝早く起きてランニングをしたり、出社前にカフェに立ち寄って一息ついたり......。1日を気持ちよくスタートするための朝のルーティンにあこがれつつも、なかなか身につけられずにいます。それは、毎日数時間早く起きてルーティンの時間を確保することに難しさを感じていたから......。

BUSINESS INSIDER JAPAN(ビジネス インサイダー ジャパン)』によると、じつは朝のルーティンには何時間も時間を割く必要はなく、5分もかけずにできるものも多いのだそう。たった5分で一体どんなことができるのでしょうか? いくつか見ていきましょう。

・感謝していることを3つ書き出す

感謝することからスタートできたら、穏やかな気持ちで1日を過ごせそうな気がします。普段は見落としがちな、身近なひとの支えにも改めて気づけるかもしれません。

 

・いい1日にするためにできることを考える

「日付が変わるまでに寝る」「仕事を定時で終わらせる」など、これが達成できたらいい1日になりそうだと思うことを考えましょう。どんなに小さなことでも目標があれば、生産的で楽しい日になるはず!

 

・「5分日記」をつける

朝に「5分日記」をつけることで、頭の中をすっきりと整理できそう! 心に響く格言と、考えさせられる質問を含めると、よりポジティブな気持ちになれるようです。

 

・温かいレモン水を飲む

レモン水には「消化を助ける」「細胞をダメージから守る」など、多くの効果が期待できるのだとか! 温かいレモン水なら、心も落ち着かせてくれそうです。はちみつを加えて飲むのも良いかもしれません。

 

・スマホをチェックしない

起床後すぐには、スマホのチェックはしない方が良いのだそう。スマホをチェックすると、誰かのための作業に時間を費やしてしまいがち......。起床後の5分間は、自分のスケジュールや、その日の優先順位を決めることに充てましょう。

 

>>その他「5つの朝習慣」はこちら

たった5分でできることなら、無理なく習慣化することができそう。いつもよりほんの少しだけアラームを早くかけて、さっそく明日から実践してみようと思っています。

image via Shutterstock

(マイロハス編集部/高山)