1. Home
  2. STYLE
  3. 選ぶだけで、すでにエコ。私の暮らしを変えるパートナーとは

選ぶだけで、すでにエコ。私の暮らしを変えるパートナーとは

大森りえ

選ぶだけで、すでにエコ。私の暮らしを変えるパートナーとは

sponsored by 日産リーフ

異常気象や環境保全のニュースは、つい目にとまり、地球環境のことが気にならずにはいられません。実際に、毎日の生活が縛られてしまうほどのエコ活動を続けるのは難しいなと思うけれど、暮らしそのものが楽しくそして環境のためにもなるエコなら喜んで実践したいと考えているひとは多いはず。

無理なく、自分が心地よくいられる身近な「エコ」ってなんでしょう。

どんな「エコ活動」してますか?

leaf05.jpg

エコバッグを持つ、テレビの主電源を切る......。確かに大切なことですが「しなければならない」になると、途端にできないとストレスに感じてしまうことも。
そこで、マイロハス編集部員に、日ごろ実践している"がんばらないエコ"について聞いてみました。

「スーパーでの買い物は、賞味期限の近いものから取るようにしています。毎日飲む牛乳やすぐ使う食材は賞味期限なんて関係ないし、少しでも食品廃棄の量が減ることを願って」(編集担当・37歳女性)

「着なくなったお気に入りの服をリサイクルに出すのも手間がかかり、あとでまとめてやろうと部屋の片隅にたまってしまいストレスに。そんなとき、服を傘や犬の服にリフォームしてくれるサイトを発見し、別のかたちにしてもう一度大切に使うようにしました」(ライター・28歳女性)

「じつは、普段あまり心がけていないんです。でも、プリントに失敗したコピー用紙の裏はまとめておいて必ず使う。たまに懐かしい資料が出てきて『こんな仕事もしたなぁ』なんて感慨にも浸れます!」(営業担当・34歳女性)

思い返せば何気ない行動でも、「そういえば、エコに繋がっているかも」と気づくこともあります。そこから続けるのがいいのかもしれません。

通勤や旅行、移動しながらエコができる?

leaf01.jpg

「エコ通勤」の掛け声のもと、電車やバス、自転車、徒歩による通勤をすすめられた時期もありました。とはいえ住む環境や家族構成によっては、車がないと不便なことも多々あります。
ここ数年気になるのが「エコカー」。特に最近では、クルマ選びのファーストチョイスを「エコカー」にする方も多いそう。従来型の車と同じように乗れるのに、しっかり「エコ」でかなり燃費がいいという、頼もしい存在らしい......。
じつは今のエコカー事情をまったく知らないことに気づきました。「実際のところ不便はないの?」「維持費はどのくらいかかるの?」「本当にエコなの?」など、わからないことや不安もたくさんあります。

そして、どうせならガソリンを一切使わない「電気自動車」という選択肢にも目を向けたい。そこで、100%電気自動車の「日産リーフ」を例に、調べてみました。

究極のエコカー、日産のリーフがすごい

leaf02.jpg

環境にはやさしい?

走行中の排出ガスはゼロ。CO2はもちろん、窒素酸化物も一切出しません。

パワーはある?

加速性能、操縦安定性、静粛性に優れています。発進時の加速もパワフルでなめらかなので、高速道路の合流などもスムーズにおこなえます。

leaf04.jpg

走れる距離は?

フル充電すれば、280km(※1)も走れます。目安までに、東京-横浜間を35kmとすると、4往復できる換算です。

排出ガスはゼロ、パワフルで燃費がいい。環境への配慮だけでなく、お財布にもやさしく、快適に乗れる車であることがわかります。

さて、実際に乗りはじめてから維持費や、事前に家に充電器を取りつけなければいけないのか、マンションだったらどうするの? など特に充電のことは、一番気になります。

どこで充電すればいい? 時間はかかる?

充電は、充電プラグをコンセントに挿すといった簡単なプロセスでおこなえます。自宅に充電装置がなくても、充電スポットは全国に約23,000基あり、急速充電すれば約30分で80%の充電が可能です。

燃料費は?

ランニングコストはこちらでシミュレーションできます。電気を使うので、契約している電力会社のプランも使えてお得です。さらに、日産が電気自動車のために提供する「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2」(以下、「ZESP2」)なら、月額2,000円(税別)で充電し放題になります。

ZESP2」の「使いホーダイ」プランなら、走行距離を気にせずに全国5,600基で充電し放題。ほかにもITサポートのサービスも含まれているので、充電スポットの検索や満空状況のチェックがスマホでできますし、急速充電が終わればスマホに知らせてくれます。

お財布にも安心で、ちゃんとサポートしてくれる、女性ドライバーにはうれしいことだらけのサービスなのです。

さらに現在、2年間の燃料費が0円になるキャンペーンを実施中。つまり、2年間どれだけ車に乗っても燃料費がかかりません。通勤や家族の送迎、ドライブ、長距離旅行......、いろんな場所へ車で出かけたくなります。

地球にもお財布にも負担をかけない

leaf03_b.jpg

日産リーフなら、走行中の排出ガスはゼロ。つまり日産リーフを選ぶだけで、地球にやさしいエコ活動にしっかり取り組んでいるということになります。

そしてどれだけ充電しても定額制で、しかも今なら2年間無料。地球にもお財布にも負担をかけず、思う存分いろんなところに行けてしまうのです。

好きな時間にどこへでも、いつもの場所へも車で出かけてみる。そうすると、見慣れた景色も違って見えるはず。乗るほどに自分の可能性がどんどん広がっていくのを実感できそうです。

"がんばるエコ"どころか、暮らしが充実するエコ活動。日産リーフと「ZESP2」は、無理なく心地よい身近なエコを助けてくれる大きな一歩になるはずです。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)

※1 30kWh駆動用バッテリー搭載車の場合。24kWh駆動用バッテリー搭載車は228km。いずれも一充電走行距離は定められた試験条件での値。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。電気自動車は、走り方や使い方、使用環境等によって航続可能距離が大きく異なります。

    Ranking

    1. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    2. 台所仕事をラクにする、松本日奈さんの新連載。忙しい朝のために、夜のうちにしておく「ひと工夫」

    3. マウンティングをしてしまうのは自己肯定感が低いから。弱い自分と向き合って

    4. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    5. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    8. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. もうしばらく「ウチのごはん」を公開します/イラストレーター こぐれひでこさん[Hello 2021, Thanks 2020]

    1. マウンティングをしてしまう人の心の奥底にあるものは?

    2. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    3. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    4. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    5. アスリート発の疲労回復法。「アクティブレスト」で元気な体と集中力を取り戻す

    6. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    7. どっと疲れを感じたときの、ディープヒーリング術/MICHIRUさん、早坂香須子さん、Georgeさんが伝授(後編)

    8. もうしばらく「ウチのごはん」を公開します/イラストレーター こぐれひでこさん[Hello 2021, Thanks 2020]

    9. 台所仕事をラクにする、松本日奈さんの新連載。忙しい朝のために、夜のうちにしておく「ひと工夫」

    10. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. 感染症対策にも効果?「しそ」はなるべく刻んで食べて

    3. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    4. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

    5. 体脂肪率や骨格筋量まで推定。服を着たまま写真を撮るだけでのアプリがすごい

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 里芋のディップってこんなにおいしいの? アボカド、なすも使えます

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    10. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている