1. Home
  2. EAT
  3. 2017年に流行しそうな5つのヘルシーフード

2017年に流行しそうな5つのヘルシーフード

2017年に流行しそうな5つのヘルシーフード

食料品のデリバリーサービス「インスタカート(Instacart)」は、2017年の食品業界を席巻しそうな人気商品を予測した。この予測を立てるにあたり、同サービスはインターネットで検索された回数の伸びが大きかったアイテムを特定。

昨年、最も人気を集めた「ラクロワ(LaCroix)」に次ぎ、今年流行しそうなのはアイスクリームの「ハロ・トップ」と、スナップエンドウやレンズ豆、黒いんげん豆でできたスナック菓子の「ハーベスト・スナップ」だという。全商品を紹介しよう。

ハロ・トップ(Halo Top)

bi_food2017_1.jpgFacebook/Halo Top

ハロ・トップ・アイスクリームの検索数は一昨年に比べ919%と、驚異的な伸びを見せた。インスタカートは、この低カロリーなアイスクリームの人気は2017年も高まり続けるだろうと予測。1パイント(約570ml)あたり240キロカロリーのこの商品は、低糖質、高たんぱく質の「健康的なアイス」として宣伝されている。

ニューバーン・アーモンドミルク(New Barn almond milk)

bi_food2017_2.jpgFacebook/The New Barn

次に名を連ねるのは「ニューバーン(New Barn)」というアーモンドミルク。メーカーによると、通常のアーモンドミルクの3倍のたんぱく質が含まれているという。同ブランドのアイスクリームも販売されている。検索数は一昨年と比べて、737%伸びた。

RXBARs

bi_food2017_3.jpgFacebook/RXBAR

プロテイン・バーはキャンディ・バーの一種であるかのように捉えられてきたが、RXBARsは砂糖を加えず、シンプルかつ安全でより健康的な新しいタイプのプロテイン・バーだ。たとえば「ピーナッツ・バター・バー」の原材料は、デーツ、卵白、ピーナッツ、ピーナッツオイル、海塩の5つのみ。検索数は716%増加している。

シンプル・ミルズ(Simple Mills)のミックス粉とクラッカー

bi_food2017_4.jpgFacebook/Simple Mills

シンプル・ミルズの検索数は一去年よりも634%上がった。グルテンや大豆などの入っていないミックス粉やクラッカーを販売。遺伝子組換え食品を使わず、穀物や豆類、イモ類などを避けるパレオ・ダイエットにも対応している。

ハーベスト・スナップ(Harvest Snaps)

bi_food2017_5.jpgFacebook/Harvest Snaps

ハーベスト・スナップはスナップエンドウやレンズ豆、黒いんげん豆から作られたサクッとした食感のスナック菓子だ。低糖質、高たんぱく、グルテンフリーで、7つの味がある。

検索数は一昨年から509%増加している。

>>BUSINESS INSIDER JAPANの記事をもっと読む

[原文: 5 foods that are poised to become the LaCroix of 2017](翻訳: Yasuko.K)

[BUSINESS INSIDER JAPAN]

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって